« 大丈夫でしょうか。 | トップページ | 世界いろいろ »

いろいろ

ジュノンの7月号、辰巳ゆうとくんが載ってます。買いに行ったら売り切れでバックナンバー探さないと。なんかアイドル風でスズランの花持って赤い服着てたみたい。スズラン。。。。花持って撮影はアイドルだよね。買わなければ。。。喉は大丈夫かな。しばらくマスクして声を使わないほうがいいのかも。美声が戻るまで数か月かかるかもしれないので、無理しないでね。なんか、きーこも無理してポリープになってました。最近、ゆうとくんが、熱唱して力入ってたので、喉に負担が。気楽な気持ちで歌うといいよ。今後は。楽しく。クラゲのように。幸い、マリアも田原俊彦風というかマッチ風というか。。。なので。この二人歌唱力全くなかったけど、当時人気が高かったので。よくよく考えたら作詞作曲がよくて楽曲に恵まれていたんだね。そう気が付いた。40年後ぐらいに。笑話変わって。13回忌の公演でタイトル忘れたけど、八つ橋さんという美人花魁が中村七之助さんで、兄の勘三郎さんが、そのお客さんで顔がぶつぶつのお金持ち。頂女子りりちゃんみたいに、凄い貢いでしまったが、最後物凄く冷たく振られて、何年かしてから復讐にきて、最後花魁の七之助さん日本刀で斬り殺された。最近もストーカー事件はあるけど、男女の愛増のもつれって、江戸時代からありましたね。ドンホセとカルメンとどっちが古いのか。でも、なんか不細工の男の人が可哀そうでした。なんか、見受けして、花魁と結婚しようとしてたのに、顔が白塗りのイケメンの恋人に花魁は貢いでたので、ブ男のお金はたぶん全額イケメン紐に流れてました。可哀想です。さんざん引っ張って、最後に顔見ると具合が悪くなるほど嫌いでずーっと嫌いで我慢して付き合っていたから、別れたいみたいな感じに言いました。これはちょっとひどいなと、歌舞伎見て思った。わたしが花魁なら、ちゃんと、気持ち悪いから結婚したくないけど、イケメンに貢ぎたいので、よろしくね。それでもよかったら付き合ってね。と微笑んで仲良くしますがブ男と。ブ男のほうが「えええっ」ってショック受けて自ら失踪しますね。なので刃傷沙汰にはなりません。あらかじめいうので。確認取るというか。おいおいおい。それって、いい人なのか⁇どうでもいいが、古典へのご招待というEテレ歌舞伎の録画を最近みたのでした。面白かったです。今日は、映像の世紀を録画して寝ます(^^♪

|

« 大丈夫でしょうか。 | トップページ | 世界いろいろ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大丈夫でしょうか。 | トップページ | 世界いろいろ »