« ブルーと白塗りとおじさん | トップページ | 映画の企画 »

ブルーモーメント8話

前編後編で台風来て10話で終わるんだね。そして多分台風一過で、ラストに朝澄んだ夜明けにブルーモーメントをぴーが見つめる背中で終わりそうよ。あのジャンバーで。8話はすごくよかったのが「ブルーモーメント」とタイトル出た最初の部分のシーンで打ちひしがれるぴーの後ろ姿、背中に哀愁がありました。背中で演じられるぴーに成長感じた。悲しみがその後ろ姿にたっぷりと。看取りのシーンとか表情がよかった。リアルでした。ぴーの悲しみ演技がいい。あと、たれ目の紙さんの死ぬ間際の表情が素晴らしい。死を覚悟した聖母マリアの表情です。慈愛と悲しみ。無念さと諦念の中の安らぎ。諦めの中に輝く希望と覚悟。優しくて気高くて。死にゆくものの覚悟の表情。決意を秘めつつ、泣いているような微笑んでいるような、何とも言えないお別れの最期の顔。あの、表情が、あかりさんの最期の振り向いた雨の中の顔に出て居たらなぁ。この顔です、この顔!紙さんが的確に演じた。名女優紙さん。心で演じる女。あかりさんの最期の表情と紙さんの最期の表情がぴったりと重なり、同じ目をして死んでいった。。。って符合するところに、このドラマの最高峰の感動がありましたが。あかりさんの表情がぼんやりしていて、いまいちで、ぴたっと重なってリンクせず、そこはちょっと残念でした。紙さんの顔が良かっただけに。演技にうるさい私であった。笑あと、伊藤君とテレビの人が良かった。来週も楽しみです。最後まで盛り上がっていきましょう♪

|

« ブルーと白塗りとおじさん | トップページ | 映画の企画 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ブルーと白塗りとおじさん | トップページ | 映画の企画 »