« 合唱 | トップページ | 抜歯 »

合唱の②

定かではありませんが合唱コンクールで練習した曲「石仏」です。わたしの一押し合唱曲。歌詞も定かではないのですが、(^^♪泥のはねた泥のはねたあかいよだれかけをして~。。。。っていう部分。お地蔵様、野仏的なものを歌った曲。そしてクライマックス部分の歌詞が(^^♪ああ。。。。山は欠けふるさとに土は満ちいつのまにか思いもかけぬ大きなものが天をさしてすっくと立ちあがるまるで巨人のように。。。。そのかたわらであどけない面影はやがてひところの石に帰り土にかえり~というラストで、途中の歌詞の泣ける部分が(^^♪古い石仏黙って青い空をみている~道を開くため、とりのけられ倒れかけた石仏~っていう曲です。つまり自然破壊がテーマで石仏が倒される曲ですが。切なくて抒情的でやはり学生時代のわたしの心に突き刺さった。あと「はだか馬に風が吹いた」という曲も歌ってました。合唱部、、、、ほんと味わい深い曲を選んでいるな。チョイスがいいな。今と違って軽くないのよ。昭和的な選曲。これほんと「石仏」泣けます。レコードほしい。石丸幹二さんにでもフルコーラスで歌ってほしいです。ふと思い出したので記してみました。合唱部万歳。すぐやめてごめん。笑

|

« 合唱 | トップページ | 抜歯 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 合唱 | トップページ | 抜歯 »