« いろいろです | トップページ | 映画のような。。。 »

二周年

ウクライナとロシアの戦争二年経過して三年目に突入します。しかし、これでいいんでしょうか⁇西側諸国は武器供与だけして、弱いウクライナ軍に戦わせ続けてNHKで取材していたの見たけど、戦死者のウクライナの旗の墓標の数半端ない。あれでは徴兵逃れしたくなる気持ちもわかる。祖国は大切だけど死にたくはないよね。なんか太平洋戦争のアメリカと戦う日本の姿見ているようで悲しい。つまりロシアのやっているのは焦土作戦で、なんとしても勝ってウクライナを屈服させるのが夢です。ところでなぜウクライナは屈服しないといけなくて、祖国防衛の防衛戦争して盗られた領土をウクライナ軍が戦争で取り返さないといけないのか。。。根本的にわかりません。戦争というよりこれはテロ。terroristでは⁇こういう時ウクライナ軍に武器を渡して何年も何年も戦わせるより、連合国軍で、軍艦と戦闘機出してロシア軍をウクライナから平和のために叩き出すほうが早くないか⁇と。もちろんプーは怒って核兵器のボタンに手をかけるだろうが、連合国が、全世界で、ナトー諸国やアメリカやインドとかまで、全世界→北朝鮮抜かして。イランも抜かすとして。みんな全世界がロシアに軍隊で立ち向かってウクライナを全方向から守って追い出せば全世界に核兵器ぶっ放して報復するとは思えない。そこまでプーチンはキチガイではないので。もっと最初から軍隊も使ってロシアと対峙するべきだったのでは⁇の国際社会。バイデンの弱腰が戦争長引かせて、このままいくと、キーウも盗られてゼレンスキー大統領は敗退して政権転覆してロシアに全領土盗られてしまうのは時間の問題です。速くこうなったら、軍出してよ!戦争止めてください国連軍!と思ったところ。弱いウクライナ軍に武器供与続けても勝てない気がします。無敵のアメリカ軍がイギリスと空爆して追い出したほうが早い。塹壕もナパーム弾で焼いてしまえば⁇とも思うのですが。トマホークぶち込めば早いでしょう。もうそろそろ遠慮はいらない気がします。そしてトラちゃんは着々共和党代表になりそうです。アメリカ人がどこまで正義感が強い人類なのか見極めたい、最終的にポピュリズムによって、ロシアに敗北するアメリカはメイクアメリカグレイトアゲインじゃない。アメリカが世界で一番強い国でなくちゃいや。という風潮になれば、トラちゃんはノーベル平和賞取りたく、戦争を終結させた正義のヒーローの大統領になりたいので、弱気ウクライナの側に立って帝国ロシアに一泡吹かせてプーチンを裏切るかもしれない。予測不能のそこが見たいのですが。今後はいろいろ目が離せないので、今年も見守っていきたいと思います♪

|

« いろいろです | トップページ | 映画のような。。。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いろいろです | トップページ | 映画のような。。。 »