« 頑張りました | トップページ | 阿部サダヲ »

懐かしいのといろいろ

朝、ニュース見てたら、石川の能登空港が映っていて、等身大のお相撲さんの写真ありました。たぶん北陸出身力士です。四人いて、パッと見てわかったのは、炎鵬、遠藤、大の里、あと一人が、チラッとうつったので判別できなかったのですが、輝か佐田の海みたいな感じでした。千代翔馬ではなかった。白っぽくて体の大きな力士でした。今日相撲中継見たら、土俵入りでわかるかも。それはそれとして、昨日の阿部サダヲドラマ面白かった。脚本家の人、いだてんの人⁇ちょっとお下品なところも、80年代っぽいんです。おじさんの喫煙度数もまだ高いし。70年代の流れです。60年代からの流れでもありますが。昔のドラマGメン75とか太陽にほえろとか白い巨塔田宮二郎も、煙草芝居が多いので。アメリカ映画の影響⁇そこまではわかりませんが。映像、映画芝居の歴史まで紐解かないと。なんか娘が不良で、髪型が聖子ちゃんカット。このレイヤーみたいな髪型は最終的にロングになって中森明菜から工藤静香からウインクに受け継がれ、最終的に、前髪クルンになって、肩パットで、堅気の姉ちゃんがビビットカラーのミニスーツで、ジュリアナ東京とかへと流れ最終的にソバージュからワンレングスになっていくのだろう。80年代って前半と後半は世相が違うので。。。。前半は80年から85年までで、86年から90年までの後半がバブルへと移行します。中森明菜で言うと、セカンドラブとかスローモーション時代は聖子ちゃんカットで、ロングレイヤーのミアモーレの85年を最後に、88年あたりから、タトゥーを歌ったり、87年はブロンドで、ワンレングスでブランドスーツでハイヒールで歌っていた。なんだっけ⁇エルメス⁇忘れましたが。その後ロングコートで帽子でFINとか歌っていて、ファッションリーダーだなと思ったのでした。ドラマの続きいきます(^^♪つづく

|

« 頑張りました | トップページ | 阿部サダヲ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 頑張りました | トップページ | 阿部サダヲ »