« あちらのドアから。。。 | トップページ | いろいろ大変だけど。。。 »

ドクターコトー映画感想です。

ドクターコトー診療所の映画見ました~。良かったです。DVD欲しいと思った~。コマーシャル入ってないやつ。コマーシャルたくさん入っていて長かったけど、見ごたえがあって、ドラマチックで良かった。内容も思っていたのと違っていて、社会問題も斬りこまれていて、凄くよかった。なんか懐古主義で顔見世的な感じなのかな。。。と思ったのですが観に行った友達が良かったと言っていたので地上波で見たらすごくよかった。時任三郎の息子が秀才で医師目指していたのですが人生は残酷で飛んだことに巻き込まれたり、奨学金問題でとん挫したり可哀そうでした。これも、貧困問題とか違法バイトに斬りこんでいたし、良かった。また再起で初心に戻って研究員みたいのになっていたので、地頭はいいので、また医療関係行くんだね。と思って安心しました。失敗したり落ち込んだ人をそのままにしないのが、ドクターコトーの映画の魅力なので。礼文島かなんかで、実際に白血病に侵された離島医師がモデルになったんだと思うけど、コトー先生白血病で鼻血出しつつ手術したり、死にかけの人も助けたりラストの嵐から盛り上がりました。キンプリの彼は、有村架純と結婚するだけあって、役者としては光っていた。演技力。。。とかっていうんじゃなくて、目力と存在感があった。この子って、中村獅童とボートレースのコマーシャル出ている神尾何たら君と似ていて、目の輝きがあるんだよね。この研修医の役難しいけど、いい感じにこなしていた。演技力じゃなくて、目力と存在感で光っていた。目の輝きというのかな。役の中では、かなり良かった。感動しました。みんな一生懸命で。コトー先生が自己犠牲と優しさで身を削っているのも、「愛」なんだよね。愛です。愛はあるんか⁇がテーマで最後に研修医の彼も愛情をもって離島医療継続していたので、継続は愛なり。。。と思った。医療の根本は人間愛でしょう。優しさと自己犠牲だけじゃなく、克己精神と使命感だけじゃなくて、テーマは根本的な人間愛なんだろうな。究極的に。ちっぽけで、温かい命あるものを失いたくないという、愛だね。と思った映画でした。新年早々いいもの見ました。銀の龍の背に乗って。。なので、龍。。。辰年にぴったりでした。今年はとくに災害から始まった年なので、響くものがあったようです(^^♪

|

« あちらのドアから。。。 | トップページ | いろいろ大変だけど。。。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あちらのドアから。。。 | トップページ | いろいろ大変だけど。。。 »