« いろいろ小吉 | トップページ | 明日からお正月 »

報道の感想

昨日は、小泉悠先生と、おじさんのウクライナの今後の番組を見ていろいろ考えさせられ、プーチンは逮捕されて、ナワリヌイさんとお揃いの極東のシベリア監獄に入ればいいと思った。なんかナワリヌイさんを北極圏の極寒刑務所に放り込んでしまった話を聞いて、吹きそうになった。笑えるくらい露骨なライバル封殺。女のジャーナリストの候補者も消されてた。でも、アメリカ大統領選挙も、トラちゃんを刑務所に投げ込もうとしているから、やっていることアメリカとロシアって同じだな。まぁいいとして。戦争犯罪で極東刑務所に収監のプーチンさん、大統領なので恩赦しようとしますが、国際社会は許さず、恩赦して罪を免れるなら、ウクライナに全額弁済と、未来永劫領土を返還。盗んだクリミア半島とか東部四州含め全部な。ってことで、牢屋入りの代わりに罰を受けさせねば。プーチン逮捕して軍事裁判にかけない限り戦争終わらないから、指名手配プーチンを逮捕した国は英雄ってことで、ノーベル平和賞受賞がいいな。来年もウクライナが負けないように小泉先生と平和を祈りつつ見守ります。プーチンは、領土じゃなくて、ウクライナのアイデンティティーを奪ってロシア語とロシア文化強要して、ウクライナを亡き者にするのが夢なので。ゼレンスキー政権も倒したいのでしょう。ナワリヌイ政権のほうがいいのかな。笑それは、置いといて、書きたかったのは報道ステーションの大越さんの取材です。イスラエル側の被害者家族とガザの被害者たちと両サイドから取材して、とくにイスラエルの家族でハマスに連れ去られた人の家で、大越さんは、すごいしょんぼりしてしまい、ものすごく泣きそうな顔してました。こういう、現場に寄り添って、怒ったり泣いたり悲しみやいろいろな想いを感じられて発信できるジャーナリストって素晴らしいと思った。なので大越さんの取材はいつも、人間らしくて血が通っている取材で好きなんだよね。事実だけ、サクッと伝えて終わりはダメなので、問題提起を投げかけるだけでは何も変わらないので。もっと我がことのように、受け止めて、自分の国がこんなことされたら、嫌だよね。国際社会はどうすれば、戦いの負の連鎖を止められるんだと、必死にもっと真剣に戦わないと。つまり、戦争を傍観するのではなくて、戦争と戦うんです。戦争をなんとか辞めさせる戦いを仕掛けなければ終わりません。当事者同士の問題にしないで、もっともっと国際社会が関与して介入して武器だけわたしたり、お金だけあげるんではなくて、戦争犯罪者を裁くとか、無理にでも割って入って力づくでもみんなで、わーって飛び込んでいって辞めさせて悪事をするやつを排除しないと。人間が戦争を始めるので、それを止めて辞めさせて力づくでも、裁いて罪を償わせるのもやはり人間の仕事人間同士なんだから、惑星人と地球人とか妖怪や幽霊と戦っているのではないので、来年こそみんな、なんとかしようよと思ったのでした。頑張れ熱血ジャーナリストたち。世論を動かせ。ジョンレノンもイマジンで動かしてベトナム戦争終わったし。と思ったのでした~(^^♪

|

« いろいろ小吉 | トップページ | 明日からお正月 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いろいろ小吉 | トップページ | 明日からお正月 »