« 今日は。。。 | トップページ | 昨日の続き »

小雪

ゆうとくんが、懐かしいヒデとロザンナの歌を、うたこんで歌っていた。その後BSTBSで、小泉悠先生のウクライナのあと、三山さんと由紀さおりの番組で、市川昭介さん特集で、舟木一夫⁇が1966年の昭和41年にヒットさせた「絶唱」歌ってました。♪なぜ死んだ~ああ小雪~って歌。わたし、この時代の絶唱は知らなかったのですが、ゆうとがすごく情感込めて上手に歌っていた。わたしが見たのは、映画館も行ったし、その後DVD買って持っているのが、山口百恵と三浦友和の映画「絶唱」です。そして百恵ちゃんの歌っている主題歌「山鳩」だったかな。すごいよかったよ。泣ける曲です。きっと聴いたらゆうとも泣くでしょう。子供時代に見て聴いて感動したのです。戦争の時代の話ですが、友和が兵隊に行っている間に、百恵が、小雪さんって、とっても優しくて純粋な働き者の女の子だったので、結核療養所に働きに行って看護師さんやっていたのですが、ひとが嫌がるような仕事も引き受けて身を粉にして結核患者の看病につくしていたら結核移っちゃって、とうとう死んでしまい、友和が戦争から戻ってきて、大地主の息子だったので、死んだ小雪を花嫁衣裳着せて結婚式やってあげる話で泣けます。心に焼き付いた小雪さんでした。まぁ、本場の小雪なので、マツケンが友和役で、百恵の役小雪さんで夫婦でドラまするしかないが、小雪さん16歳とか18歳とかだったので、小雪さんには、ちょっと無理かもしれん・・・笑とにかく、ゆうとくんが、また歌うらしいのでこのへんで、またテレビ見ます♪

|

« 今日は。。。 | トップページ | 昨日の続き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日は。。。 | トップページ | 昨日の続き »