« BSウクライナ | トップページ | 今日は雨 »

フォークと紙風船

ウクライナが三個も反映していてびっくり。さて、『想い出のフォーク&ポップス」っていうCD来ました。ラインナップは、12曲入っていて、①翼をください。。。赤い鳥②学生街の喫茶店。。。ガロ③結婚しようよ。。。よしだたくろう④雪。。。猫⑤岬めぐり。。。山本コータローとウイークエンド⑥白い冬。。。ふきのとう⑦木綿のハンカチーフ。。。太田裕美⑧「いちご白書」をもう一度。。。バンバン⑨青春時代。。。森田公一とトップギャラン⑩迷い道。。。渡辺真知子⑪冬が来る前に。。。紙ふうせん⑫卒業写真。。。ハイファイセットというものでした。みな70年代の曲みたいでアコースティックでした。時代背景も懐かしい。学生街の喫茶店の片隅で聴いていたボブディラン。。。っていうのとか。これって、ハウメニーなんとか。。。。ってやつですか⁇なんかベトナム戦争反対と学生運動の終焉の時代ですか。みんな長髪でギター持ってます。時は流れた~ってところが哀愁がある。いちご白書も、僕は無精ひげと髪を伸ばして学生集会へも時々出かけた。。。って、やっぱり、ヒッピーブームというか、ジョンレノンとオノヨーコみたいなベトナム戦争反対とか学生運動の時代ですよね。社会への反抗みたいな。七三分けして背広きてサラリーマンになることが嫌。。。みたいな時代かも。就職が決まって髪を切ってもう若くないさと言い訳したとか、なんか時代背景的に切ないですね。この時代の曲ってみょうに、哀愁を帯びていてノスタルジーに包まれていて好きかも。悲しい感じが。西城秀樹とかより前の時代ですかね。草刈正雄の若いころくらいかな⁇なんか好きな曲多くて、ダントツ好きなのが、冬が来る前に。。。の紙風船。なんか抒情的で哀愁に持ちている。なんか、ひたむきな感じ純粋な想いを感じる曲が多いなっていう感想です。60年代70年代80年代の曲って一番興味ある。いいもの手に入れた。またいいもの見つけたら密かにコレクションしときます(^^♪

|

« BSウクライナ | トップページ | 今日は雨 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« BSウクライナ | トップページ | 今日は雨 »