« 牛さん | トップページ | よりともさん »

ひまわり

今日は、趣味の園芸が、ひまわり特集で、勉強になった。外人の植木の人の、村雨さんが「小さい太陽がいっぱい咲いているよう」とかいい表現してました。庭にある感じなんだけど、鉢植えでも可愛い向日葵。サンフィニティだったっけな⁇たくさん咲くの。多花性というので、アポロンという品種が気になった。なんと長期的に咲くらしく、アポロンというのが、12月まで咲き続けます。あと、ソニア、ビンセント、スマイルラッシュだっけな、鉢植えにコンパクトに咲く可愛いのもあった。趣味の園芸の何月号だっけかに載ってるらしい。たしか前号は、紫陽花特集だったと記憶している。そういえば、、、粘土作家の友達に、小物入れのケーキ型なんだけど、依頼したのが、夕暮れのひまわり畑のケーキで、粘土細工ケーキなんだけど、赤いいちごムースの台に、黄色いクリームのひまわりの花がたくさんついてる、夕暮れの夏の日のひまわり畑をイメージした、粘土の小物入れ。今年中に作ってくれるので、出来上がりを楽しみにしているところです。何と言いますか、夕暮れのひまわり畑もそうなんだけど、明るいものって、同時に儚さがあって好きなんだよね。満開の桜も一瞬にして散りますし。紫陽花も本格的な夏の訪れの前の、ひとときの青だし。なんか、明るいけど切ない。まぶしいように華やかでも憂愁感があるみたいな。センチメンタルな部分が愛しくないですか⁇相反するものが、バランスよく保たれているというか。本格的な夏を前に、向日葵を研究するわたしです(^^♪

|

« 牛さん | トップページ | よりともさん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 牛さん | トップページ | よりともさん »