« 七月 | トップページ | いろいろ »

音楽

題名のない音楽見てたらバッハやってました。わたしは、チェンバロ協奏曲が好きなので、おじさんのチェンバロ聞けて良かった。ヴィバルディの調和と幻想の協奏曲をバッハが編曲?してるのも好き。あと、チェンバロで好きなのがラモーのクラブサン曲集で、「鳥のさえずり」とか色々曲入っているやつ。クラブサンとチェンバロは一緒の楽器です。石丸さんがバッハとレオナルドダビンチ似ているみたいに言ってました。英知の天才。良かったです。あと。。。。氷川君の演歌の最新アルバム聞きました。感想はチョーヨンピルとか懐かしかったし、鼠小僧の歌が面白かったです。「きよしのねずみ小僧」って曲で、(^^♪花のお江戸の正義のためにゃ風邪をひくまも、暇もない闇夜をかける黒い影屋根から屋根へとちゅーちゅーちゅーたまにずっこけおっとっと!すべって転んでちゆーちゅーちゅーの宙返り言わずと知れた噂の男ねずみ小僧たあおいらのことよ~って曲。やはり、せっかく歌も出来たし。。。。次回の舞台も鼠小僧の2がいいです。面白い人ばかりだし。メンバーがとにかく好き。長屋の人たちが濃いんです。キャラが。笑う。。。。西寄大工もいいし。太った女の人たちも面白いし。大家のおじいさんも面白いし、じゅってもちのコメディのコントなおじさんが面白くて篠田三郎だけがこつ然と二枚目で、次郎吉も笑えるんだよね~。。。。気に入りました。また一話完結のコメディ脚本がいいですね。一回の舞台で終わっては残念のメンバーでした。なんか脚本また面白いのできそうな気がする。娯楽コメディって好きかも。。。。アルバムでは、白雲の城がまた入っていて、いつも最後にこの曲で、月下に立てる若武者のりりしき姿いまいずこ。。。(^^♪ああ荒城の秋が逝く~のああ。。。。。のところで、ぴょんと袴姿で飛び上がって手を伸ばしてセリに沈んで降りて行くあのスモーク焚いた悲しい落城っぽい演出が好き。なんか良かったです。昭和レトロな感じで。

次の楽しみは7/17~のコードブルーです。その前に昨日はまた麻央さんの追悼見ました。しばらくは悲しいけどきっと立ち直れると思います。わたしは先々ブログの書籍化を望みます。なんかほんと最後の最後までえらかったな。。。。という感想です。なんかやり遂げた感じはあります。結婚して愛されて子供も二人産んだので幸せな人生だったと思います。たとえ癌で死んでしまっても悔いのない幸せな人生だったと思う。夏目雅子の時も思った。美人に生まれて女優として輝いたので若くして死んでも後悔無しだなと。。。。自分に置き換えると女優にもなっていないし、愛する人と結婚もしてなくて子供も産まなかったので、元気だけど50歳とかなって、ババーになって死んでいくのかさようなら~。。。。。とあっさりした気分なので人生に対する激しい執着心が無かったので無かったというより皆無なので、あっさりしすぎていて少し淋しいので今後はなんか夢を強く持つとか愛する旦那さんと幸せになる。。。とか目標もとうかな~?と逆に思いました。淡々と生きてきて今後もあっさりしてそうな私なので。トロトロトロトロ走って生きていると衝撃とか無いのですがたとえ何かにぶつかっても。スピード出して生き急いでいた駆け抜けていた人、情熱をもって愛しぬいていた人とかは突然急ブレーキかけてそれが止まると衝撃大きいと思う。深く強く愛され続けてた海老蔵も妻の愛を突然死によってストップされたので、供給されてたものが止まるとショックでしばらくはつらいですね。でも立ち直れると思います。密かに今後も見守ってますので書籍化よろぴくです(^^♪

さてさて。。。パソコンは相変わらず変なのでそのストレスと戦いながら頑張ります(^^♪夕方池上さんのウォーターゲート事件の特集とかあるので見ます(^^♪

|

« 七月 | トップページ | いろいろ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 音楽:

« 七月 | トップページ | いろいろ »