« 新撰組わん | トップページ | 新撰組すりー »

新撰組のつー

今さらですが、新撰組を毎回見てます。昔のやつ。今回は、総集編の三巻です。いきなり、谷ショーが、隊服きて、登場していました。一体、誰?と思ったら、伊東かしたろう。総集編は、上級者クラスなので、一回全部見た人でないと、わからない部分も。笑最初の、部分で、すぐに、山南さんが、切腹して可哀想でした。でも、おうちの中らしく、浅野の殿みたく、庭先でざっくりじゃなくて、まだマシかも。ちょーセリフもよく、ちょー演技も良かったですが、完璧版で、今度ゆっくりリピートして、なんで死んじゃったか検証します。検証してあげないと、なんだか、浮かばれない気がしたので。もっと詳しくみるため、九巻と八巻かります。ところで、江口さんの、坂りょーは、暗殺されてました。わりと、あっさりと。谷ショーも、消され、藤堂へいすけくんも、セット商品で消されました。当時の新撰組は、内部分裂してました。香取くんの、近藤が、終盤、頑固になっていて、前半の、ソフトさが、少し消えました。温和じゃなくなりつつある。仲間を消したあたりから。馬に乗っていて、近藤さんが、ね狙撃されたときの、香取くんが、変わった演技をしていて、面白かった。後半、なんかうまくなった。タッキーの義経のときもですが、演技がうまくなってきたなぁ。。。と思ったら、すでに最終回近しなんですよ。ジャニースの人って、やっているうちに、だんだんなれてきて、やっと上手くなってくると、直前が、いつも最終回。。。芹沢鴨の、佐藤浩市さんとかは、登場シーンの初回から、すでに上手で、堺雅人さんもだけど、死ぬシーンで、集大成の、最期、すごくいい演技をして、渾身に散ってゆくのですが、途中から、すごく上手になっていった、香取くん。あと、井上おじいさんの、壮絶な最期もよかった。飯炊きじーさんの、地味な井上さん。最期、近藤さんが、上の人たちに、あしらわれて、厄介払いされて去ってゆくあたりから、可哀想で好きでした。総司も、たそがれてゆく。でも、総司は、江戸に戻り、最期静かに死んでいけてよかったかも。お姉さんが、「えらそうに、血なんかはいちゃって、馬鹿みたい。シワシワになって、くそジジーになるまで生きてろ」みたいな、憎まれ口叩いたのが、好きでした。わたしと似ているかも。もしかして、わたしは、総司のねえちゃんの、生まれ変わり?と思ってしまった。なんか、みてて、前世を感じた。オダギリジョーさんが、雨の中、叫んで、この旗が。。。と言っていたシーンが良かった。土方さんが、洋装で、オールバックで登場して、最期良かったです。山本くんて、若くて、可愛い感じの顔なのですが、実際の土方は、もうちょっと、おじさんかもですが、顔的には、田村正和さんの若い頃みたくな、つるっとしたイケメンなので、似てました。さのすけくん→ふんどしくん。。。が、最期のほうまで生きてて、面白かった。まだつづきますよ~

|

« 新撰組わん | トップページ | 新撰組すりー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新撰組のつー:

« 新撰組わん | トップページ | 新撰組すりー »