« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

らんち らんち らんち2

この前の続きで、また色んなものを食したのでっ…載せたいとおもいまーす。今回は、前回よりも、ヘルシー系かもしれません。Pict0001 Pict0001_2 Pict0001_3 Pict0001_4 最初に載せたのは、ランチについているドリンクバーで、「好きな飲み物を取りにいくもの。 わたしのいつも取りにいく系は、決まっていて、ウーロン茶かアイスティと、カルピス!…幼稚園の頃から、カルピス好きなんだよね~。濃くても薄くてもだめな、カルピス。でも、お店って、微妙に調節してあって、だいたい美味しいです。ソーダの入っているカルピスソーダは、嫌い…。ただのカルピスで、氷が、いっぱい入って、からーん、ころーん…が好き。二杯くらい飲んじゃいます。三杯のときも…。。。。初恋の味なんでしょう?そして、水玉なんだよね~。サラダは、和風ドレッシングのがすきです。白いのは、さほど好きではありません。お醤油味がすき。 これは、ガストの和ランチで、好きな小鉢が三個とれます。お米が、変わっています。色々入っています。赤出汁味噌汁でした。ネバネバおくらかなぁ?これ。 あと、ルミネの町田店にはいっている「和ランチ ユソーシ」という名前の和ランチのお店も、行ってみた。。。 Pict0001_5 Pict0001_6 Pict0001_7 Pict0001_8 特徴的なのが、紅茶!紅茶が、でかいっ!ものすごく。。。まるで、洗面器ですっ。どでかいまるで、洗面器のような紅茶に、お砂糖の瓶が、とても洗剤っぽくて笑える。面白すぎる。この、洗面器カップと、粉石けんのよーな、砂糖瓶の、とりあわせ! すっかり気に入りました。「おかわり!洗面器、もう一丁!」…。ご飯は、美味しかったです。やはり、小鉢が三つで、すきなのとれた。お豆腐だとか、いろいろ。和ランチって、美味しいです。身体にも、優しいかもしれません。

Pict0001_9 Pict0001_10 「さくら」というお店…港北東急五階です。天丼も食べてみた。おっきぃ!食べ切れませんっ。天丼って、めったに食べません。食べきれないから…。ご飯量が極端に少なければいけるかもしれない。でも、天ぷらだけで、おなかいっぱい。 天ぷら食べる時は、天ぷらソバか、天ザルのほうが、好きです。天丼は、きついです。

Pict0001_11 Pict0001_12           Pict0001_13 つぎは、おやつコーナーに移ります、チョコレートで、「たけのこの里」と「きのこの山」とあるのですが、どっちが好きですか~

しっとりクッキーのタケノコの里と、かりっと、ビスケットのきのこの山。 わたしは、きのこの山のほうが好き。お皿にわけて並べてみたら、可愛かったです。 もうひとつの鎖つきは、食べられません。。。。チョコレートのペンダントです。アーモンドつきです。可愛い、チョコレートモチーフだったので、冬頃かいました。でも、バレンタインシーズンは、つけません。

「そういえば、チョコレート…」と思い出されてしまうのでっ。ボランティア精神の無いわたし…、職場では、義理チョコレートとかって、配らないので、そのシーズンは、チョコペンダントは、目の毒なので、しません。(笑) さて、あしたは、「救命なひとびと」のスペシャルです。このまえ、なんか、入力に失敗して、読みづらくなったため、気をつけよう。

最終回のお話と、それにともなう、キャスティング表などなど。現場監督かつプロデューサーかつ、脚本、演出家のような原作者のわたし。 いいんですよ、楽しいんだから。原作者なので、いろいろ想像して、いっぱい楽しみたいと思います。大沢君の連載もあります。

あっ大沢くんで、思い出したよ、そうそう。Pict0001_14 Pict0001_15 Pict0001_16大沢くんの顔って、仏様っぽいなぁ…とずっと、思っていて、なんかありがたい感じに思っていて、手を合わせたくなっていたのですが、浅田真央ちゃんも、大沢くんと同じ仏像顔で好きです。なんか、神々しいのだ。。。。。。

Pict0001_17 Pict0001_18                   たぶん、眉がすーっ、目がすーっ、鼻がすーっ、口元もすーっ…って感じで、全然無駄がありませんっ。とくに、真央ちゃんで、ものすごく大好きなのが「仮面舞踏会」を踊る直前に、手を胸にあてて、片手を高く上げるポーズをする瞬間があるんだけど、すごく、凛として、勝負師そのものの、真剣な厳しい顔するんだよね威厳だわ~女王の風格だ。神々しいばかりの仏像フェイスのおふたり。。。。「仮面舞踏会」って大好きで、クラシックのCD買ったくらい。去年、「仮面舞踏会」の終盤に、激しいジグザグステップを踏みながら、片手を氷につけそうなくらい下げて何か拾うようなポーズを見せつつ、ジグザグと激しいステップを刻み続ける終盤の見せ場が好きだったのですが、あと悪魔的な黒い衣装も。でも、ピンク色の衣装に替えて、少し振りを変えて、優しい表情に変えて「仮面舞踏会」を踊っていたら、今年のシーズン、かなりジャンプのタイミングが合わず、転倒したり、飛べなくなって、敗れていたので、そっか~。やはり、あの曲って、厳しくて、女王で、孤高なイメージでいかないと、ちょっとでも変えちゃうと、ダメなんだ~と思いました。「仮面舞踏会」は、やはり去年バージョンがよかったな…と思ったところ。。。。でも、この二人、絶対、神様宿っている気がする。なんか…、神々しいんだよね~(笑)

あっ、話それました。明日の「救命なひとびと」は、スペシャルです。それだけが言いたかったんです。 では、またあした~ お楽しみに~!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久美堂書店 

またまた、連休です。五日間連続更新しますっ。今回は、年末に向かって、お掃除開始なので、本やCDや雑貨で、面白いのが出てきたら、久美堂レコード、久美堂雑貨店…って感じで、ピックアップして、ご紹介しま~す。初回は、本から。。。。。。。!

Pict0001 Pict0001_2 わたしの、好きな作家の銀色夏生さんです。もっと沢山あったのですが、古いのは、黄ばんでしまい、ぼぼくなった状態でも、ブックオフが持っていってくれたらしい。学生時代から読んでいて、だいたい写真が、可愛くて、面白いし、内容は、「つれづれノート」が面白くて、20年間くらいの、銀色さんの日記形式です。なんか、独身時代から、最初の結婚をして、女の子が産まれ、離婚、次の人と結婚して、男の子が生まれ、また離婚。そして、たぶん50歳近くなっているはずですが、親の介護とかしつつ、笑える軽い暮らしをしていて、子供たちも、高校生くらいで、かなり大きくなっていますが、すごく人生をサクッサクッ生きていて、面白い作家さんなので、シリーズで、この人のは、読んでいます。写真とか詩とかエッセイとか多岐にわたっていて、とても面白い。本棚を掃除していて、見つかったものだけでも、集めたらかなりありましたっ。!  その他では、女優さんのエッセイで好きなのがいくつかありました。

Photo Photo_2 Photo_3 ぜんぶ集英社からでている単行本で、樋口可南子さんの、「きものまわり」と「ものものがたり」と「いいものをすこし」っていう本。たぶん、50代の可南子さん、旦那さんの糸井さんと仲良しで、子供は居ないけど、大きな犬を飼っています。好きなものに囲まれて、とても、楽しくサクサクッと生きています。全然年取らなくて、いつも、さわやかです。いい感じの本でした。

吉永小百合さんの「夢の続き」も好きです。60代を明るく生きていて、いつまでも若くて綺麗。凛としてる。この本も、すごく生き方として、参考になります。「私のパリ私のフランス」は、70代くらいの永遠の女優、岸恵子さんのとっても、オシャレなエッセイです。真っ赤な可愛い毛皮のついたコートとか着て、パリの街をにっこり笑って歩いている…。全然年齢を感じさせません。いい感じでした。

年齢がいってしまったとき、すこぶるヘンなになって没落してしまわぬように、カッコいい年配の美しい人々の人生を学び取って、明日に備えよう。がんばろう~と思う、おそるべし前向きな本たちでしたっ。

今日は、これから、テレビ朝日の「アンタッチャブル」でも、見て笑おう…。軽い感じの、わけわからないドラマです。火、水とかほとんどテレビ見てないけど、木曜日(きのう)は、毎週とても、ヘビーです。ヘビーな木とよんでいます。

「交渉人」のあとに「不毛地帯」です。濃いいです。今秋ったら、濃いいわ~。

わたしは、そんなにドラマ好きなほうではなく、一番嫌いなジャンルが、トレンディドラマのラブストーリーなので、おそらく一生見ません…、しかし、好きなジャンルがあって、ときどき、くい付きます。。。。。。

今秋は、「不毛地帯」が!(笑)

この夏「官僚たちの夏」に、はまっていたので。。。。

官僚好きは、不毛好きかもしれないです、あとNHKのシリーズだった「クライマーズハイ」と「ハゲタカ」を全部見てしまった人…、そそして、渡辺謙さんの「沈まぬ太陽」を映画館まで観にいってしまい、唐沢くんが、いつか「沈まぬ太陽」をフジテレビでドラマ化するのを心待ちにしているひと…、きっと「白い巨塔」も見たよね?見ちゃったよね?

昔トレンディドラマの大王だったキムタクの作品の中では、わたしは、「華麗なる一族」が一押し好きだった。音楽からしていい。大音響で聞きたい。あの陰鬱なテーマソング…。。。。。

なんか、「官僚たちの夏」と「不毛地帯」って、ラインナップ的に、そっくり。ドラマの感じとか。

俳優陣の感じとか、「色」が同系列です。そして、映画の「ハゲタカ」に出ていて、「クライマーズハイ」にも出ていた、鋭い瞳の、おじちゃん…、またでてましたぁーーーっ!不毛にっ!すごいなぁ。。。。。。堺雅人さんが、いないだけで、まったく同系列だっ!(大笑)

でも、やはり、大沢くんの「仁」が、一番好きかな?

あすも、お楽しみに~。明日は、また別のことを書きますね。では、では。。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋景色2

★パキラとアジアンタム★Photo Photo_2 植木は、元気です。秋の装いで、葉祥明のイラストを例の、得意技の100円ショップの額縁に入れて飾ってみました。ちょっと秋らしくなりました。そして、センター南秋景色のつづきです。Pict0001 Pict0001_2 なんか、すっかりもう真っ暗になり、教会に灯がともっています。なんか、クリスマスの先取りですかね。ちょっと綺麗な感じ。。。。。Pict0001_3 そして、なんか、いい香りが、ずーっとただよっているなと思っていたら、きんもくせいが!グラウンドの金網越しに!すんごく巨大きんもくせいだ!香りがするのに、どこに咲いているかわからなかったら、みあげたら、この大木が、全部きんもくせいだったという!遠いところまで、いい香りがするわけです。で、でかいっ!

さてさて!きのう、「救命なひとびと」で、本の登場人物紹介していたら、読みやすくしようと、一生懸命空白を空けて入力しようとしたら、なんらかの失敗で、すんごーく、わけわかんなくアップされてしまい、よけい読みづらくなってしまった…という、おそろしさ!

一句よんでもいいでしょうか?

空白や まるでよめない おそろしさ    

…げに、おそろしきかな、入力ミス。笑いました。そして、最終回のあと、もう一回、本の紹介をまとめて終了しようと思いました。ストーリーとキャスティング表。。。。はははははっ…笑

そして、なおさない。。。。。そのままにする、そしてまたやりなおしますねっ。わたしって、プログ以外でも、ほんと、絵文字とか顔文字とかって、ぜんぜん使わない人なので、なんか、長文だと、字、字、字…ばかりになるので、読みづらいかな?とむやみに空白を作ろうとしてな~んか入力ミスしたらしい。…ドジなんです。見なかったことにして。見てしまったら忘れましょう、すぐ作り直すのでっ。

でも、来週じゃなくて、よかったです。感動の第五話なので、来週の連載は。四話で、しくじっといてよかったかも。Photo_3 Photo_4 Pict0001_4 Pict0001_5 Pict0001_6 Pict0001_7

最近の、センター南、秋景色です。ロケーションがいいので、ぜひ、医療ドラマの撮影でつかってください。うちの病院も、すごくホテル並みに新しくて綺麗です。昔「救命病棟24時」のパート2の、伊藤英明さんとか松雪泰子さんとか、谷原章介さんとか出てたシリーズで、撮影に使われました。ぜひ、わたしの本が、ドラマ化されたときには、よろしくねっことで、。。。では、また土曜日更新しま~す。お楽しみにーーー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

救命なひとびと 15

Pict0001 Photo ★今週の大沢くん★ 「命を救うことの悲劇」 今回は、幕末に大流行した、「ころり」…「コレラ」の特集でしたよね~ なんか、今夜の放送では、手当てしていた大沢君も、コレラになっちゃうらしいです。 感染症というか、伝染病ってこわいっすねー! 昔って、世界でも、すごく伝染病で大量に人が死んだようです。 赤痢、猩紅熱、ペスト、チフス、天然痘、日本脳炎、結核とかもかなぁ。。。。。ペストとかチフス中世ヨーロッパでも、すごく死んだもんね。公衆衛生と医療の遅れかなぁ。。。。   ペストって、かかると皮膚が、黒くなって、高い致死だったので、「黒死病」って言われたらしいし、コレラも、三日くらいで、ころりと死ぬので、「三日ころり」と言われていたらしく、昔の人って、ネーミングがうまいわ~。

大沢くんが、一生懸命作っていたのが、「ORS」という電解質液で、スポーツ飲料でも、代用可の、水一リットルに対して、ブドウ糖20グラム、塩化ナトリウム3.5g、炭酸水素ナトリウム2,5g、塩化カリウム1,5gの割合で、溶解したものらしいです。 軽症例のコレラの、下痢などで、体外に排泄した水分を補給するために飲ませる「経口輸液」で、重症例では、点滴による静脈内輸液で、水分と電解質の補給をして、脱水症状の治療するらしいです。

消毒とかも、焼酎大活躍だし、昔って、日本酒しかないし。。。。。あるもので、いろいろやらないとだから、大変。…うつるよね…だから、すぐにうつっちゃうよね。

でも、医者だから、タイムスリップしても、なんとか生きる道がありました。昔も、今も、人は、病気になるし、死ぬので、それは、お変わりなしだから、医者とお経を読むお坊さんは、タイムスリップしても、就職があるから、生きていける!

たとえば、美容師だったら、カットもパーマも、カラーリングもできるけど、日本髪とか、ちょんまげが結えないと、就職は難しい。パソコン得意なひととかも、就職に生かせない。パソコン無いから、江戸時代。。。。エクセルできても、ソロバンできないと商人にもなれず。大変!

大沢君、今夜も、またコレラと闘い続けます!二週連続コレラとの闘いですから!がんばれ~! 大沢君、また来週。でも、コレラで、死なないから、大丈夫です。主役は、第三話で、死んだりしないので、なんとか復活して治るはず。。。。では、また来週!

★桜の花の咲く頃★第四話Pict0001_2 「永遠の命」

わたしの小説の連載も、来週で終わりです。あっという間ですねー。

今週は、第四話の、永遠の命…タイトル通り、永遠の命をうけとった男の子の物語。

登場人物は、教授の越田先生←おはげちゃんで、ヅラをかぶっているという設定にしようと思っています。でも、ダンディです。

ヤンキー少年と、生意気先生との友情物語が軸です。ここで、メディカル青春グラフィティというサブタイトルの意味をお知らせします。

実は、全五話のなかに、同期の、同級生の先生が、6人出てきます。この六人が、実は「桜の花の咲く頃」のメインキャストで、この六人の成長ドラマを「桜の花の咲く頃2,3,4,5…」とシリーズ化して書いていこうと思っていたのが、この本の狙いだったんです!何を隠そうこの小説一回ぽっきりの話じゃなくて、シリーズのつもりで、書いていたというこの事実…。。。。あとで、メインキャスト六人(一人死んじゃったので、五人)の自己紹介を付録で、載せときます。

第四話に出てくる渋谷聡先生と第五話に出てくる渋谷真彦先生は、同期の同級生…。。。

再入院してきた春樹くんは、以前渋谷真彦先生の診ていた患者で、真彦先生(マサ)は、わけあって、今ニューヨークに行ったため、たまたま同じ名前の渋谷聡先生が、主治医となって、そこから繰り広げられる物語なのです。。。。

この聡先生、第一話に出てくるやはり、同期の滝沢先生もうならす超マイペース人間で、わが道を行きます。そこも、見所です。この、同級生のお医者さんどうしの、友情物語が、この物語全体の軸です。若い先生たちの「成長期」なんですね。

構造的に、一番近い医療ドラマが、「コードブルー」なんですよ。それで、好きだったというのもあったんだね。あのドラマ。。。。。

藍沢先生、藤川先生、白石先生、緋山先生の、四人のフライトドクター候補生が、様々な試練の中で、成長を遂げていく…構造的には、「桜の花の咲く頃」も、まったく同じなんだけど、違っているのは、彼らが、「コードブルー」と違って、優秀じゃない…というてん、あっ、「コードブルー」でも、藤川先生は、優秀じゃなかった!…わたしの本は、全員藤川先生です、オール藤川!(笑) レベル的に、ちょっぴり低い感じの、ずっこけていて、ちょっと悲しい内科医たち五人が、悪戦苦闘しながら、試練とぶつかって、大きく成長していく話…。。。

花形外科医や救命医ではなくて、一番長期的に、患者さんと付き合っていくこととなる内科医なので、いろんなモロモロの患者さんの全人生みたいなものを、時として、ざぶっと頭から、かぶってしまうんですねーーー。。。。

おまけに、彼らは、天才外科医でも、将来有望な熱血救命医でもないため、いつも、びっくりしたり、かっこ悪く、ウロウロとうろたえ、考えたり、落ち込んだり、キレちゃったり、辞めて、どっか行っちゃったりしながらも、最後は、大切なものと向き合って、大きく成長していくという、へなちょこ内科医の涙の青春記録なのです。

この五人の先生たちのお話は、来週連載の第五話で、終わりです。だって桜の花の咲く頃2は、わたしの頭の中では、上演中だけど、一行もまだ書いていないので、一巻をよろしくねって感じなのですっっっっっ

では、お待たせメインキャストのご紹介します。

★柿坂先生…第一話登場 末期癌の患者を安楽死させた罪で逮捕された有田医師を慕う

         消化器内科医。出身校のT医大(ここが舞台になります。)に移ったのち、同期

         生の滝沢先生と出会い、反発する。美人の妹の茜(美容師)を可愛がっていて

         ものすごく仲良し兄妹なので、妹への熱い思いは、半端じゃありません。

★滝沢先生…第一話登場このひとは、全部の話に、チョロチョロ出ます。 研修医時代に、  

         同期の親友岡辺和也先生を亡くしているトラウマを抱えつつ、消化器癌専門

         医を目指して頑張っている正義感が強く、それでいて、とってもお茶目な先生

         あわてもので、気が短いので、よくずっこけています。

★留美子先生…先輩医師の絵里子先生を尊敬していて、ボーイッシュで、豪快な先生。紅

          一点だけど、全然そんなの気にしていなくて、男には、負けまいと思ってる

           面白い先生 第一話から、やはり、チョロチョロ出ます。

★渋谷聡先生…聡明で、プライドが高く、人に笑われるのが嫌い、必要以上に自信を持って

          いて、個人主義でマイペース。神経質で、オシャレな面もあり、人は人、自

          分は自分の、とっても今時男の子。第四話の主役。

★渋谷真彦先生(マサ)…心臓カテーテルで、事故を起こしてしまい、医師の道をいったん捨 

               てて、ニューヨークにわたり、画家になろうとする先生←来週連載

               の第五話で、詳しく連載。ルックスがカッコいい先生という設定なの

               で、同期の滝沢先生が、ひそかに、ライバルだとマークしている。

★岡辺和也先生…滝沢先生の大親友。第一話に、ちょろっと登場する。回想シーンしかでな

            いけど、滝沢先生の人生に影響を与えた、個性的で、楽しい先生。

以上が、「桜の花の咲く頃」のメインキャストの先生たちです。聡先生は、今時の男の子医者なので、青山とか原宿あたり歩いているかもね…ということから、青山先生でも、よかったのですが、若者の町は、やっぱり渋谷なので、渋谷先生に、決定しました。聡先生は、「しぶや先生」ですが、真彦先生は、「しぶたに先生」にしました。同じ字ですが。キャラを変えるため。

そう、まだインターネット書店で売っていました。「面白かったです」とブログで、誰か紹介していただければ、アクセス数の多い人気ブロガーの人なら、それを見たひとが、「わたしも、読んでみようかなぁ。。。。。」と「私も。」「私も。」と静かなブームで一冊、また一冊と地道に、本が売れて、ドラマ化への一本道が、切り開かれるとよいのですが。  ぱーっと、ひらけた視界。。。まるで、滑走路のような、すがすがしいばかりのドラマ化への広い一本道がっ!!夢。。。。。。。。。ほんとドラマになったら、楽しいですが。映画でもいいですが。ドラマだったら、医療ドラマの王道をゆく、黄金のフジテレビ枠か、「仁」のTBSの東芝日曜劇場枠ですかねっ。夢は、大きく。。。。。どこでもいいです。NHKとかテレビ東京でも。よろしくおねがいしま~す!  では、また来週。。。最終回の第五話と、今夜放送の「仁」の大沢くんの連載、お楽しみに~

Pict0001_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

進化する秋

秋、到来です。 いろいろ新しいものもでるみたい。。。。パソコンも、そのひとつ。家電やさんに行って来ました。。。。Pict0001 Pict0001_2 Pict0001_3 わたしの持っているパソコンは、Windows xpです。この、エックスピー…って、もうかなり古い型らしいです。まだ、新しいんだけど。2004の夏に買って、その時は、いろいろ搭載?してある最新だったらしいです。 買ったときに、お店の人が、「これ、いいですよ」と言ったので、とくに考えなくて、すぐ買った。即決で。なぜかというと、色が好きだったので。ノート型の、真っ白な持ち歩けるパソコンが、たまたま欲しかったので。ほぼ六年前ですね。 シャープという会社の、「メヴィウス」という名前でした。。。。。。今もご健在です。ついでに、ポイントがたまったので、エプソンのカラープリンターも一緒に買いました。同じ日に。たしか、渋谷駅まえの、マクドナルドの入っているビルの電気やさん。 そのご、ヴィスタ…っていうのが、出たんだって。 仕事場で、パソコンを買うことになって、先生が一緒に買うので、「どれがいい?」みたいな話になって、使い方わかんなくなったときに、同じのだと聞けるから、「なんでも」ってことで、みんなで、選んでもらったのが、これ。Pict0001_4 Photo Photo_2 Photo_3 Photo_4 Photo_5 仕事先のパソコンは、「ヴァリュースター」の、ヴィスタです。コードレスで、マウスにコードがありません。それって、画期的でした。「先生っ、動きません!」とあるとき、さわいだら、なんのことはなく、マウスの電池が切れていた…ということも。じふんちは、マウスがパソコンに、コードでつながっておりますので、そんな心配は、なし。コードレスって、画期的。キーボードも、コードレスです。 あと、小人は、自分で買いました。お友達です。かわいいよ~。。。目が疲れたり、肩こると、小人と遊びます。…白雪姫かっ?

おまけに、パソコン前のクリップには、「ツムラの19番」がっ!飲もうとスタンバッて置いてある。。。耳鼻科の先生に出してもらって飲んでます。小青竜湯…ショウセイリュウトウという、強そうな名前のドラゴンな感じの、喉の漢方薬。効いてくれ~ツムラの19番!! 風邪が、完治しないと、11月に、インフルエンザの注射が打てないよ~ 風邪ひいちゃうよ~ すでに、ひいてしまった、本末転倒。。。。。

さて、というわけで、また秋に、セブンっていうのが、新しいパソコンで、出るみたいです。家電やさんにいきました。そして、パンフレットをば!

Pict0001_5 Pict0001_6 Pict0001_7 東芝の、山下智久くんのパンフレットが、カッコいい。三枚もらったよ。そして、100円ショップで、買ったA4のカラー額縁に入れました。 手作り額縁です。なんと、周りのシールは、自分で買って、あとから、自家貼り。。。。。

ピンクの額は、キラキラお花シールで、白は、水玉キラキラシール。緑の額は、キラキラ鳥のシール。満足な出来となりました。なかなか、可愛いです。 山下くんの、この写真、神がかって美しかったですね~。。。なんか、CDを持っているもう一種類べつのパンフレットもあったようです。 し、知らんかったぜよ!←内野さん(龍馬)が、完全に伝染。。。。

コマーシャルもいいらしい。一回みました。Pict0001_8 Pict0001_9 新聞にのっていた。なんか、食べているペロペロキャンディが、可愛い。ピンクのマーブルって、白い部分が、ヨーグルト味で、ピンクの部分が、イチゴでしょうか?撮影用のキャンディなのかな?それとも、チュッパチャプス? 東芝日曜劇場で、流れたら、コマーシャル良く見ておこう。…パソコンは? どうでもいいらしいです。 東芝日曜劇場見る楽しみが、増えました。。。。。 進化するパソコン。そして、山下くんの美貌。。。

もしかしたら、東芝のこのパソコン、このコマーシャルで、かなり売れるかも。パソコンと、携帯電話って、どんどん、どんどん進化するよね~。そして、家電といえば、冷蔵庫、カラーテレビ、洗濯機←いつの時代だっ? が、ぜひ欲しい家電ベストスリーだったのですが、どんどん消費して、新しいものが、出てくるよね~。家電やも、競争だよね~!

寒くなってきたので、喉を悪くするから←もう、悪くなってます。充分悪いです。加湿器を二台だしました。喉のために、うがい、手洗い、加湿器、のど飴は、大事です。

ああ、これから、寒くなるのが、いやだなぁ~。まずは、インフル注射を打つのが、先決です。あと、人ごみには、マスク。咳しているやつのそばには、絶対に寄らない。←自分ですから!  咳しまくってますから。!!

さぁ、明日は、「救命なひとびと」の連載日でーす。。。

明日も、おたのしみに~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

九段の王子 ぱーと2

ぱーと2なのは、なぜ?そう、ぱーと1は、この前山野楽器で、やりました。年内にもう一回くらいやるかもしれません。この面白い企画。そうです、母が、再びブログで、よろしくねってことなので、やります。。。。。。。まずは、グッズの紹介から。Photo Photo_2 Photo_3 Photo_4 Photo_5 Photo_6 Photo_7 Photo_8 Photo_9 Photo_10 Photo_11 Photo_12 Photo_13 Photo_14 Photo_15 Photo_16 なんか、同じ写真をアップしちゃったかもね。他のも撮ったつもりが、おかすぃ~なぁ。は…?ま、いっか~。とにかく、氷川きよし和風コンサートパンフレットと、洋風のと、二枚あったらしくて、このまえ、武道館で、10周年記念コンサートをやったようで、九段下の武道館まで、母が行って買ってきました。和風のが、お気に入りだったようで、ブログで、中身を紹介しようとしたら、なんか同じ写真のようだ…。?と、とにかく、和風です。お習字、お茶などしている着物の氷川さんばかりのでした。シールつきだよ~。。。あと、ペンライトも、お花で、10周年の10がぁっっっっっっ!わかりやすい!あと、ペンライトに、装飾をほどこして、ふっています。(母)ピンクの、巾着つきだよ~。。。。どうですか?あと、天屋の、天ぷらマークじゃなくて、HKの、氷川きよしイニシャルいりホルダー。すごかろう!とりいそぎ、グッズとパンフレットを駆け足で、ご紹介してみました。つぎに、思い出話と、明日への展望を語ります。 なんか、武道館すごかったらしいです。10年前の氷川さん20代の頃って、ご本人と何度も会って、しゃべりました。腰の低いかたでした。逢えておばあさんは、感激して泣いて「死んでもいい」といい、氷川さんが、「死なないでください。長生きしてくださいよ」といつも受け答えしていました。 小田原の百貨店←ロビンソン百貨店です。すごい名前だなぁ、おい。 あと、船橋のほうの結婚式場でしょ、亀有とか…、横浜のデパート屋上もありました。歌の会のあと、かならず、握手会と、プレゼント渡しで、母が、ものすごくでっかいイルカの抱き枕を氷川さんに手渡して、ずっとしゃべっていた。←イルカを選んだのは、何を隠そうわたしです。(笑)10回くらいは、直接逢って、かなり長くお話できました。今は、すごく若い女の子のファンも、増えたらしくて、イベントも、抽選なんだって!びっくり、びっくり。全然一生逢えなくて、遠くから見つめて終了という、極寒の凍えそうなファンも多いかも…。この10年間に、すごい人気でたから、びっくりしました。

ルックスが好きっていう若いファンも多いのかもね。でも、演歌好きで、こよなく演歌を愛するおじ、おばファン&じっちゃん、ばっちゃんも、多いかもね。

今後の氷川さん、せっかく和風写真集とか出していたので、ついでに、時代劇に、とことん出没して、乗馬や殺陣や弓とか日本舞踊とかやっちゃって、松健も、びっくり、松じゅんも、びっくりな俳優ロードも、ひた走ってみればいいかもしれません。お茶の間を取り込めて、「子連れ狼」の、おがみいっとう&大五郎の一人二役とかね、面白いかも。みんな待ってるかも。俳優やっちゃえば?YOU

さて、あと、まじめな話、今昭和ブームなので、フォークソング大全集とか、懐メロ大全集とか、昭和の香りぷんぷん…のが、大人気なので、昭和大全集を今後生涯かけて、リリースしてゆくのは?もちろん、♪赤い林檎に唇寄せて~のリンゴの歌の昭和初期から、美空ひばり経由で、昭和60年代のポップス歌謡曲まで、なんでもありの。なんか、中森明菜が、今それに取り組んでいるので、ああいった感じで、もっとすごいのを、50代になるまで、毎年出し続け、いやいや、昭和元年から、毎年やっていたら、60代までいっちゃうよ。平成生まれの21歳とかは、知らない世界だよね。面白いかも。きっと、山野楽器が、またハッピ着て、売り倒してくれるはずですよ。銀座で。(笑)

ということで、ようやく、面白企画の2ができました。明日の土曜日と日曜の救命なひとびとも、いつもの連載なので、お楽しみに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かぜに注意を。。。。。

なんか、10月に入って、ずっと咳とか出ていて、いよいよ熱も出て、月曜日に、自分の病院で、夕方、インフルエンザ検査もしてもらいましたっ。 長い長い、めんぼうのお化けのようなもので、鼻to喉の組織を検査してもらったら、陰性だったのですが、ロキソニンを飲んでも、ぜんぜん37度五分くらいから下がってくれなかったので、心配しました。でも、だいぶよくなった感じ?は、するので、今日は、休んでゆっくりして、明日登場してみます。だいたい「頭が痛いなぁ。。。。」と思うと、計ると熱あるよね。こわい、こわい。季節のかわりめ、みなさんも気をつけてくださいませ! 家で読んでいる本のご紹介です。Photo Photo_2たびの本で京仏像めぐりです なんか、この本おもしろい 弥勒な感じで。。。。。。東京はなくて京都だけでした。。。。マニアックかも。。。。それではまた土ようびに更新しま一す

Photo_3 Photo_4 Photo_5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

救命なひとびと 14 スペシャル

Photo ★今週の大沢くん★ 東芝日曜劇場「仁」の連載はじまりまーす。舞台は、最初、御茶ノ水の病院みたいで、神田川が流れていて、順天堂かな?とおもいました。 脳外科医だった現代の医者姿の大沢君、写真なかったので、いきなり、お着物写真から…! 9時25分くらいに、江戸時代に、タイムスリップしていたので、大沢くんが、現代に帰ってくるのは、12月の最終回の、エンドロールの流れる25分前くらいかも。 大沢くんの、カッコいいオペ姿の、写真は、12月まで、おあずけですね。  このまえの、江口さんのときは、現場に一緒に撮影している臨場感で、連載していたので、今回は、完全、お茶の間目線で、楽しく感想を書こうかな?とおもいまーす。   文久2年の江戸らしいです。「神は、乗り越えられる試練しか与えない」 と言っていた。大沢君、婚約者が、脳死(偶然江口さんと同じですね)で、ただでさえ落ち込んでいるのに、いきなり、タイムスリップ。。。。でも、12月の最終回近いクリスマス頃、あの婚約者は、目をあける気がします。ぜったい、クリスマス頃ですよ、きっと。病院には、クリスマスツリーがあるかもしれません。 あと、坂本龍馬の内野さん!

内野さんの、坂本龍馬大好きです。相変わらず、芸達者な内野さん。期待を裏切らない龍馬っぷりです! 絶対、内野さんは、ぶこつで、どろくさ~く、あつ~く、面白く演じてくれるっ!とおもっていた。豪快な、こてんこてんの土佐弁。。。。

現代に帰りたくて、神田川を覗き込んでいた大沢君に、「やめんかい~」と飛び出してきて、止めて、「死のうとしゆうしか、みえんかったぜよ」と必死でとめて、「おまんの家は、この谷の底にあるがかい?」と聞き、誤解とわかると、「まっこと、すまんかったぜよ、アホは、わしのほうじゃった!」と、かわいい~!内野さん、こってこて。 役をふくらませることに関しては、天才的な内野さん。おもちのように、自ら発散する放熱で(芝居への情熱かも)ぷく~!と、すごい役を、美味しく、熱々にふくらませてしまう、内野さん。内野さんの龍馬って、すごい魅力的で、みどころが、満載。。。福山くんも、ひそかにこのドラマで、龍馬チェックして、内野さんの龍馬見ちゃったら、有利かも。生かせるかも。大河に。 坂本龍馬が、ドラマの鍵ですね。

坂りょーは、寒い12月10日(昔の暦で、11月15日)に、頭(額)を一太刀あびて、かち割られたことにより、失血死したので、その時こそ、脳外科医の大沢くんの医師としての、最大の見せ場で、出番だよね。消化器外科とか心臓外科じゃなくて、頭を斬られて、暗殺された龍馬を助ける…というてんから、脳外科医という設定なんだろう。。。。。

でも、たぶん、助けられなくて、歴史は、変えることが出来ない…変えちゃいけないのかもしれない…という感じで、最終回は、龍馬暗殺とともに、現代に、大沢くん、戻ってくる気がしました。内野さん、死んじゃうのかな。可哀想。そのかわり、きっと、大沢くんの婚約者が、最終回で、目を覚ますのかもね。最後は、奇跡がおこる最終回の気がしました。初回みると、最終回を予測するよね。 江戸のひとって、まっすぐに生きていて、熱くて、純粋です。馬に蹴られた町人の女の人も、頑張りやだし、必死に生きている感じ。。。。 大沢くん、とりあえず、外科セットの救急セットかかえてタイムスリップしてよかったよね~。手術器具は、さびない限り大丈夫だけど、キシロカインとか、麻酔剤は、すぐなくなるので、薬屋さんも、タイムスリップさせて、調達しないとかもしれません。。。。。ガーゼとかも、すぐなくなりそう。

大沢くんって、手術上手です。てさばきが。救命救急の、青い衣装着せて、ドクターヘリに乗っけたい。「コードブルー」に、スライドしてほしい。天才救命医役とかで。みんなが、憧れる先輩役で。 心を開いたことのない藍沢先生が、めずらしく心を開き、兄のように慕う医師で、あるときに、自分の意思を貫いてしまい、「よしたほうが…」と止めるところを、無理して、危ないところに、患者を助けに行き、事故にあうと…。事故にあって、死んでしまう…と。瀕死で、ドクターヘリに乗って、運ばれてきて、藍沢先生の手をにぎり、苦しい息の下から、ひと言つぶやき、「藍沢…忘れるなよ…忘れるなよ…」と最後に言って、俺の生き様を見てくれ…って感じに、死去、藍沢先生、号泣…そして、彼は、大切なものを学び、人間味を取り戻し、大沢君のような、救命リーダーになろう…! と決心して、ギバちゃんあたりに、「救命リーダー…、自分に、引き受けさせてくださいっ!」 「よし…、わかった!」と。 たとえば、この大沢君、境遇が同じとか、家族が飛行機事故とかで、事故死していて、おじいさんに育てられ、孤独に生きていた…とか、藍沢先生と、共通点のある人生を送ってきたひとで、通じ合う何かがあって、尊敬してて、最後、大沢くんには、壮絶な死に方をしてほしく、医療ドラマ史上に残る悲しい感動的な心に残る死に方をして、シリーズ化を盛り上げてほしいかも…。「コードブルー~大沢たかお先輩編~」 勝手に、思いついて作ってしまいました。(笑)わたしの頭の中だけで、上演しましたっ。  ということで、大沢くん、来週も活躍よろしくおねがいします!

★桜の花の咲く頃★第三話の連載でーす。Photo_2 Photo_3 「赤い靴の約束」です。わたしの小説って、全部で、五話まであるのですが、再来週連載の第五話が、人気投票してみたら、ダントツ一位だったのですが、この第三話が、第二位で(第三位は、一話の「最後の決断」でしたっ)で、「バレリーナの話すき」と読んでくれたひとに、言われました。この第三話、ドラマ化したいですねーーーー!

「赤い靴の約束」 あの虹の向こうに、遠い日の願い、たったひとりのバレリーナ 

この物語は、一見ラブストーリーかな? のように見えるのですが、実は腎臓移植をテーマにした社会派ストーリーです。 これを書いたのは、2007ですが、それからさかのぼること、一年前、2006に、テレビのニュースで、宇和島徳州会病院…だったかな?病気腎臓移植の問題で、万波医師(万波誠先生と言うお名前だったかな)…の問題が報道で取り上げられ、これを見ていて、テーマが決まり、これは、絶対一本書かなきゃ…、小説かいて、ドラマ化しなくちゃ…と、メラメラ燃えた作品がこれ。主人公の美香ちゃんは、25歳のバレリーナです。 イメージとしては、浅田真央ちゃんかなぁ(?) ライバルの中国人バレリーナとの、生涯にわたる友情もちらっと描いたので、キムヨナ(韓国)イメージかも。 美香は、気が強くて、バレエの才能にあふれた、負けず嫌いの可愛らしい女の子で、実は、物語は、彼女の子供時代からはじまっていて、10歳で、小児の腎臓内科に入院していたときに、研修医として、あらわれた、まぁるい眼鏡で、髪も、ボサボサの、優しそうな先生、たのうえ先生…というのが、この物語の軸です。  たのうえ先生は、腎臓外科から救命救急へうつるなど、花形外科医でしたが、ふと立ち止まり、自分の人生を見つめなおしています。

そのとき、思い出の中から、美香ちゃんが、ふっと現われます。自分の研修医時代の医者としての原点に立っていたときに出会った少女です。 美香にとっても、優しくて少し頼りなくて、くしゃっとした笑顔で心を和ませてくれた田上先生は、自分のバレエとの出会いも、作ってくれた大切な初恋の先生なのです。

大人になった美香ちゃんと、天才外科医という肩書きを捨てて、ふつうの腎臓専門医として働く田上先生(通称たのっち)との再びの出会いから、様々な運命が、動き出すのです…。。。。田上先生役は、ドラマ化したら、堺雅人さんがいいかなぁーーー!と、思いました。たのっちは、どっちかというと、「かかし」とあだ名されるような、身なりとかルックスを考えないひとで、でも、実は、かっこいい…みたいな。そして、田上先生の憧れの先輩で、自分の外科医としての道しるべをつけてくれた三宮先生というひとも、キーマンです。この、さんのみや先生役が、大沢たかおくんが、いいかなぁーーー!と考えていて。(ドラマ化のさいは。)年齢的に、どうか?と思ったら、堺雅人さん35歳で、大沢くん40歳みたいなので、五つ違いなので、いけてました!よっしゃあああーーー!堺さんのほうが年上だったらどーしょう…と思っていたら、ここは、クリアしてました。 天才外科医同士の男と男の師弟愛みたいなものも、織り込んであるので。大沢くんと、堺雅人さん…、ゴージャスだわーーー。

さんのみや先生について、詳しく書くと、田上先生の先輩で、研修医時代に、指導医として、かなり、かなり、かなーりお世話になったという設定。外科医として頑張ることや、救命救急に身を置くことを決めたのも、三宮先生の影響です。 たのうえ先生の生涯を決めた重要なキーマンなんですよね。が、白血病で死去します。この「白血病」の伏線が、じつは、第四話(来週連載しまーす。)に、つながっていくことになります。第四話は、すばり骨髄移植がテーマで、第五話の最終回は、もちろん、心臓移植の物語です。この、三話、四話、五話…って、じつは、全部「移植」をテーマにした社会派ドラマなのです。 

とゆうことで、また来週の第四話も、お見逃しなく! なんか、まだわたしの本、インターネットで売っていた。

メディカル青春グラフィティ 桜の花の咲く頃   というタイトルで、なんと、音楽関係のネット販売の本コーナーの「ツタヤ」と、ホリエモンの「ライブドアブックス」と「セブン&ワイ」で、まだうっています。   桜のピンクの表紙なので、よかったら、みてください。ドラマ化が夢なので、本屋さんに並べばいいのですが、2007の秋の発売の時しか並ばなくて、今は、ネットでしか、かえない希少な本なので、手に入らなかったら、わたしの持っているものをさしあげます。(笑)小説を読んだ、脚本家さんが、「よっしゃあああーーー!」と医療ドラマ作ってくれるといいのですが。ドラマ化したら、絶対おもしろいです。視聴率は、お約束します。キャストとかにもよるけど、キャストは、もうわたしの頭の中で、上演中なのでっ。(笑)それでは。。。。。。。。

「救命なひとびと」来週もつづく。。。。。。。。。。!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

らんち らんち らんち

Photo Photo_2 Photo_3 きょうは、わたしのここ数ヶ月以内に、食べたもので、特集組みました!最初に、パスタ編…。。。食べたときに、写真を必ず撮ってから食べた…という律儀な結果、ここしばらくは、トマト系パスタにはまっていたことが、判明しました。 「具たくさんのミートソース」「湯葉と海老のモッツアレラチーズのトマトクリーム」(1000円)「秋ナスときのこと厚切りベーコンのトマトソース」(1100円)オール「五右衛門」パスタ屋さんでしたっ。 わたしは、パスタ好きなので、たまに、ランチにお店にいくと、こんな感じ…。パスタ屋さんは、どこでも好きです。「あかとんぼ」とか和風パスタ屋もすきですねー。 そして、つぎに、はまったらしきものが、ハンバーグだったらしいです。Pict0001 Photo_4 Photo_5 Photo_6 Photo_7 Photo_8 Photo_9 Photo_10 わたしは、朝と夜は、家ご飯のため、外出先で食べる場合は、だいたいランチになります。ランチメニューって、ハンバーグに、なぜか心惹かれたりするんだよね~。最初のは、鎌倉の「くすの木」のハンバーグご膳で、つぎは、「ふらんす亭」の、ガーリックハンバーグランチ。黄色い、たらっとかかっているのは、ガーリックソースで、ガーリックチップも、たくさんのっています。昼ごはんのあとは、歯磨き、数回しなきゃだね。…嫌いな人と会うときは、わざと食べて、「はぁぁぁぁっ!」と至近距離から、息を吹きかけるという攻撃ワザにも使えます。 ガストが、続きます。和風チーズハンバーグ。和風ソースと、ハンバーグのなかには、とろけるチーズが、トロリと入っています。そして、ベーシックな、目玉焼きハンバーグは、「お子様ランチ」とか昭和の香り。 カレーののっかっているハンバーグは、「銀百合てっぺんバーグカレー」とかいう、フジテレビのドラマ「オトメン」?…とかいうドラマのタイアップ商品らしいですね。 わたしの、もっとも見ないジャンルのフジテレビドラマなので、ぜんぜん知りませんでした。フジテレビといえば、「不毛地帯」だからさ~(笑)    さて、どんだけハンバーグに通ったか? 今は、通っていません。今は、和食好きなので、和食写真を今撮っています。そのうち、第二弾いきます。 なんか、わたしの場合、「これ、おいしい」と思うと、一週間毎日カレーとかでも、全然平気。会社に居た時代、いつも、近所のam pmの、サーモンフィットチーネっていう、緑色のきしめん状の、平たいパスタに、ツナクリームが、かかっているパスタと、ジャジャー麺に、はまってしまい、毎回、毎回、判で押したように、それを食べ続け、まわりに驚かれたことが! おまえは、キャンペーンはっているのか?そのシリーズ化は、キャンペーン強化月間なのかっ?…っていうくらい、同じシリーズ(カレー週間とか、焼きソバ週間とか…)ってよくあります。 飽きるまでは、毎日でも、ぜんぜん平気!(笑) さて、つぎは、それ以外で、よかったものをピックアップして、締めたいとおもいます。Pict0001_2 Photo_11 Photo_12 Pict0001_3 Pict0001_4 おせんべで、鎌倉の「小町通り」に売っていた、おせんべいの、専門店での、「二度漬けしょうゆせんべい」これは、美味しいです!おせんべって、手焼きで、ガリガリの見た目で、お醤油が、「二度漬け」っていうのが、味がしみてて、美味しい。あと、亀田から出ていた「ぶこつ」せんべいも、ぶこつで、美味しいです。つぎは、北鎌倉の「明月院」近所にある、「風花」という甘味処の抹茶と、うさぎの饅頭セット。うさぎの饅頭の中身は、サッパリタイプの白アンなので、甘いもの苦手なあなたも、大丈夫さ! 抹茶って、美味しいですよね~。抹茶とか、お茶って基本的にすごく好きなので、よく飲みます。家で、お茶たてようとして、簡易お茶セットを昔買ったら、竹が悪かったらしくて、かびちゃったよ!(こえええ~!あやうく飲んでしまうところであった。千利休もびっくり。中国製だったか?) 最後に、載せたのは、江ノ電の江ノ島駅近所のイタリアンレストランの、地元特製「しらすピザ」塩味がきいていて、おいしいです。たぶん、自由が丘に同じお店があるらしいです。お店の名刺って、レジでもらってもすぐに失くすので、暗記してくるしかないですね。店のなまえは、もちろん、わかりません。江ノ電江ノ島駅のすごく近所で、イタリアの旗があるレストランという手がかりしか…。(暗記できていない。) また、何か食べたりしたら、写真とってみます。  衣、食、住って大事だよね~。 さて、明日は、「救命なひとびと」の連載日です。わたしの小説「桜の花の咲く頃」の第三話の連載と、「今週の大沢くん」が、スタートするため、いきなり、明日も、「救命なひとびと」のスペシャルです! そして、来週は、あの、きんだんの面白いシリーズ行ってみちゃおうかな~! ということで、お楽しみに!またあしたーーー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋景色

あしたも、更新しますが、Photo Photo_2  Photo_3だんだん秋になってきたので、最近、毎日のごとく写真撮っています。センター南、秋景色。教会の前の、港北東急のデパート前なんて、落ち葉がいっぱい。帰る時間に、もう暗くなってきているし、玄関で、薬屋さんのお兄さんたち二人に、会ったとき(興和さんと、塩野義さん)バサバサバッと音がして、「えっ?雨?」と聞くと、「降ってませんよ~」と教えてくれて、ああ、雨じゃなくて、玄関のところに落ちている枯葉が、風で、ザザザーッて、波立つ音だったか!もう、秋ですよね~と思いました。Photo_4 Photo_5 とはいえ、わたしのうちの、夏に買ったパキラとアジアンタムは、常夏の風情…。めちゃめちゃ元気ですよっ。Photo_6 Photo_7また、この子たちの成長っぷりは、報告しますが、うちの中は、まだ夏で、外が、秋深まっていて、面白いかも。明日は、また面白いネタでいってみたいと思います。明日もおたのしみに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仕事周り 家周り

Pict0001 Pict0001_2 Pict0001_3 きょうは、仕事場と、お家のことについてかきまーす。 わたしは、営業職が、長く、通算すると、10年(もっとか?)くらいなので、いつも、街を歩いていました。でも、ここ数年は、ずっと事務職なので、部屋の中に居ることが多いです。(たまに医局とICUに出没する) そこで、殺風景な壁に、ポストカードをはってみた。…すごい、富士山、富士、富士…どーして?なんか、雑誌を見ていたら、「ロッキー田中」というひとの、撮影している「ときめきの富士」っていう写真を飾ると、すごく運勢がよくなるんだってーーー!わたしも、幸せを求めて、ポストカード飾ったよ!…ギャラリーとかもあるのですが、なんかインターネット販売していまして、見たら、すごーく欲しい!っていう、素敵な写真を二枚発見。買いたかったんだけど、けっこう高い! 興味あるひとは、ロッキー田中さんの、写真ネットで、見てね。   わたしのすごく好きで、両方ほしくて、迷って、まだ買っていないのは、「夜明けの色」と「宇宙光音」っていう、黒い山並みに、白い夜明けの光がさして、高い空彼方は、藍色…っていう、ブルーな空好きのわたしには、たまりませんっっっっ!  という美しさ。空も山並みも、美しい。絶対ほっすぃーーー! でも、高いし、どっちも、素敵でまよう。 キャビネサイズで、5500円。おっきめので、58800円と思う。白い壁に、大きい写真…藍色の夜明けの山空!ほしぃーーー! さて、話かわり、アイスクリームのマグネットの、わんちゃん。可愛い。カレンダーだったんだけど、可愛すぎて、ゴミ箱からひろって飾りました。この、寝顔!愛しい。。。。。。。。あと、仕事場の洗面台で、「くわずいも」育てています。   つぎは、じぶんち編です。。。。。。雑貨に囲まれ、基本的に、身動きとれません。  結婚したら、シンプルな家に住もう。(まだ予定ぜんぜんなし。影も形も。。。。。。。。涙)   Pict0001_4 Pict0001_5 Pict0001_6 Pict0001_7 おうちの、パソコン机は、プリンターとか、電話のしたに、鎌倉の、若宮大路で、買った、手ぬぐい専門店の、「拭う」という名前だったと思うのですが、そこで買った、電話は、沈丁花のピンクの手ぬぐいで、今年3月頃かって、たぶん、プリンターの、紫陽花の手ぬぐいは、今年の夏に買ったもの。今度、秋に、黄色かなんかで、「きんもくせい」あったら、買いに行こう…と思っていたら、行くの忘れた…。きっと、もう紅葉かなんかになっちゃって、無いかもね。(涙)  スナフキンのお人形は、目線が、男らしかったので気に入ってます。明日を見つめている感じで、ゆるぎない意志が、感じられました。。。。。。。。さいごに、本の紹介。Pict0001_8 Pict0001_9 わたしは、本好きです。資料に使う本とかもたくさんあります。  スヌーピーの、この先生は、オペの上手い外科医スヌ。原宿駅前に、スヌーピーショップがまだあった(現在つぶれた)ときに、「かわいいーーーー」と、絶叫しつつ、思わず買いました。スヌーピーは、「ぐー」しかできなく、指がないため、メスは握れませんが、「先生」と呼んで可愛がっています。 背中が、キュート。術衣のひもを結んである背中が、めちゃ可愛い。この本は、「ER」の本で、「救急車がきたら、こういう手当てしましょう」みたいなことが書いてある、研修医の持つ救急マニュアル本。「大日本住友製薬」…とかって、書いてあります。この本、読めば、救急車は、受け入れられます。(うけいれませんが) あと、歴史の本で、面白いのが、世界文化社の「ビジュアル版日本の歴史を見る」全10巻 わたし持っているのは、このうちの二冊で、3巻の「源平争乱と鎌倉武士」で、義経をみて、勉強しようとおもって、買いました。。。。。もう一冊は、10巻の[大正モダンから戦後まで」っていう、竹久夢二とかの時代に興味をもって。これって、全10巻そろえてあると、テレビで、時代劇とか見ちゃったときに、「えっとーーー」って、その時代をちょっと調べるのに、役立ちます。鎌倉時代の本は、1800円で、大正は、2400円でした。この本って、2006頃売っていたから、今もあるかなぁ? 本って、ときどき、すぐになくなっちゃって、出版社にも無い、OH!NO!~っていうときあるので。。。。。。わたしの本「桜の花の咲く頃」は、手に入らなかった場合は、わたしが、持っているので、さしあげますが。。。。。。。。そう!また、日曜日は「救命なひとびと」の連載なので、おたのしみに。そのまえに、また土曜日に更新しまーす。 お休みって、すぐに終わってしまう。みたら、祝日が、11月に二回ありました。  またブログネタの写真をさがそう。。。。。。。。では、土曜日に!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おそうじ ぷらす

Pict0001 Pict0001_2 Pict0001_3 Pict0001_4 Pict0001_5 Pict0001_6 お休みが続くお部屋の掃除でもしましょう。ということで、きのうから、再び、雑貨を片付けたり、お洋服を入れ替え…。なんか、茶色のぼかしと、緑のぼかしの、ロングフレアースカート、もはや懐かしい…。今年の夏、スポーツクラブの、フラダンス教室ではいていたので。(やめましたっ) 上手になったら、買おうかしら?と思っていたギャザーが、たっぷり寄った「パウスカート」という、ふりふりスカート買わなくてよかったーーー。おばちゃんたちって、はまる人多いみたいで、ハイビスカスのスカートとか、木の実のでっかいペンダントとブレスして、髪に花までつけて、くねくねと色っぽく踊りまくっていたけど…。なんか、上手にできず、わたしは、断念しました。♪ブルーハワイ一曲踊っただけで…。今は、プールとかべつのクラスをとっています。(笑)  家に、ぬいぐるみが多数…。 白いバレリーナのくまさんは、トゥシューズをはいています。 基本的に、やわらかくって、フワフワの子が好きらしくて、ケアベアとか。わんさと居ます。。。。。。たいてい、わたしの部屋を目撃してしまった知らないお客さんは、「中学生のお嬢さんがいらっしゃるんですか?」と言うらしいです。。。。。そのとうり!かなり、感覚的に、近いかもしれませんっ。。。。。。! いいとこ、ついているよ、お客さん!

  今年の夏、お気に入りだったのが、調味料入れの、「観覧車」です。ヘリコプター同様、観覧車の、形状が大好きのわたし。コショウとか、塩とか、入れて、くるくる回る観覧車。おそらく、テーブルの上に乗せて、使うんだと思う。 でも、液だれとかして、お醤油で、汚くなった観覧車…って、きっときっと可愛くないので、台所には、置きません。ときどき、くるくると、回して、ひそかに楽しむ観賞用…。。。。。。 わけのわからぬものが多いわたしのお部屋…。。。まだまだあるよ~。 でも、お掃除ネタは、今日は、このへんで。(明日もつづく)

★プラス★

きのうの夜、見てしまいました。お化けじゃなくて、ドラマ。東芝日曜の、「仁」というドラマ。来週日曜の、「救命なひとびと」で、語りますが、待ちきれず、ぽつり。 面白い!やはり、東芝日曜劇場って、はずさないよねーー。大沢たかおくんの、医者姿、カッコいいです。いつも、彼は、脳外科医です。昔、大沢くんが、26歳くらいのときの「星の金貨」も、脳外科医でした。大沢くんて、医療ドラマでません。「星金」は、火曜サスペンス劇場の、全盛期だったころの、日本テレビの作った、主人公が、不幸に巻き込まれ、これでもか、これでもか…と、どん底に落ちていく、どろどろ系のサスペンス要素の高いラブストーリーだったので、大沢くんの、カッコいい医者姿ぜったい、こういうドラマじゃなくて、フジテレビのやっているような、本格的な医療ドラマに出て活躍してほしい…と、思っていた矢先、かなり、医療ドラマっぽい時代劇に、復活。現在、40歳か41歳の大沢くん。「医者になって14年…」みたいなセリフがあったので、なんか、「星の金貨」が、26歳くらいの、研修医時代の大沢先生で、今が、ベテランになって、手術もうまい、医者歴15年近い立派なお医者さんに、成長したよね!…って感じで、おもわず、同僚の、医局秘書目線で、大沢くんを見てしまいましたっ。   なんか、すごーく、外科医役似合う! 大沢くんに、頭とか、ちくちくっ…と縫ってほしいくらいです。毎回、大沢くんの、熱血医者シーンが見れるので、楽しみです。。。。。。大沢くんにも、わたしの描いた医療ドラマの「桜の花の咲く頃」に出てほしい。。。。。。ドラマ化のときは、よろしくお願いします。 なんの役かなぁ? やはり、第三話(来週連載)の、堺雅人さんの、人生を決めた、たのうえ先生憧れの先輩の、三宮先生(さんのみや先生は、白血病で死去します)かなぁ~。 勝手に、想像。。。。(まだドラマ化予定なし) 大沢くん、TBSだよね~。このドラマ終わったら、フジテレビに、スライドしてきて、ドクターヘリとか乗ってくれないかな~。救命救急の大沢くん見たいなぁ…。。。。。藍沢先生の上司とかで、どうですか~。。。大沢くんて、たぶん、江口洋介さんと、同じ年かもしれません。いいよね~。救命センターのリーダーとかって。夢は、ふくらむ。でも、TBSなので、フジテレビには、スライドしてこないかも…。でも、医療は、国境を越えるから…。(国境無き医療チーム)…ということで、日曜日の九時が、楽しみになってしまった私です。。。。!この続きは、来週の連載にて。

★おそうじ★Pict0001_7    ところで、植木は、元気です。成長しています。また、写真とって、載せます。10月なので、そろそろ来年のカレンダーも、売っています。12月は、いつも、大掃除しますが、ためしに、来年は、(いつもより)物は、買わない年にしようか…と思いました。物が増えると、結構大変。捨てられない人なので、かなり、かなり、かなり、要らないものを溜め込むタイプです。つまらないものは、捨てればいいんだけど、「これって、おもしろい」と、人に見せたり、自分で、うけて、笑うために、面白いもの好きの性格が災いして、捨てられない。お部屋を一つ作って、「面白いもの部屋」として、それ専用の部屋を作り、自分は、他の部屋で、シンプルに暮らす…とかいう、スイッチオン、オフの、切り替えられるスペースが欲しい…!(無理だけど。) それでは、雑貨ネタは、明日もつづくので、では、また明日!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

救命なひとびと13 スペシャル

★桜の花の咲く頃★…第二話 「月影の庭」 Pict0001 Pict0001_2 Pict0001_3 今週の、救命なひとびと…は、わたしの書いた医療ドラマの原作本の小説で、メディカル青春グラフィティ桜の花の咲く頃の、第二話のご紹介でーす。 先週、第一話の「最後の決断」をご紹介したので、今度は、ドラマ化したら、第三話と第四話になるであろう…、つぎの物語です!  第二話の「月影の庭」は、紫陽花の街 キネマの天地、 妻への手紙…っていう感じで、ノスタルジックな物語で、これは、老人医療とお年寄りの青春回顧の、過ぎ去った人生をもう一度思い起こす感じの、人生の終わりの人間ドラマにしてみました!

内容は、芥川さんというおじいちゃん(初老の、もと松竹の大船撮影所で、若い頃助監督していたひと)で、鎌倉にずーっと住んでいる風流人です。 でも、重い糖尿病にかかっていて、腎臓も、目も、全部悪くなってしまっています。 奥さんは、もと女優で(八千草薫さんとか、かなー?)物静かなお茶の先生。鎌倉を愛する老夫婦です。

谷中先生というのが、主人公で、このネーミングは、わたしの好きな、谷中、根津、千駄木からとってきたもので、千駄木先生でも、根津先生でもよかったんだけど、谷中の墓地っぽいところが、面白いので、この名前の医者にしました。 物語は、健くんという、看護師(ナースマン)と、谷中先生が、江ノ電の和田塚駅にある甘味処の「無心庵」に向かい、がつがつと、走っていくシーンからスタートします。 クリームあんみつを食べたくて、食べたくて、二人で、線路を横切っていくところから、物語は、始まります。Pict0001_4 これ。これ。おいしそうでしょう。いった時、写真とってきました。これが、和田塚駅前の「クリームあんみつ」よ。江ノ電で、いけます。線路の中にあるので。ドラマ冒頭部、いきなり、谷中先生、線路で、転んで、ネンザ。 谷中先生は、メタボリックシンドロームです。超、メタボちゃん。それでいて、糖尿病専門の説得力の無いお医者さんです。

俳優としたら、だれかなぁ?たくさんいそう。メタボちゃん。人のいいおじさんメタボ。でも、40歳くらいっていう設定なんだよね。谷中先生。 全編江ノ電にのって、撮影…という鎌倉好きのひとと、藤沢市、鎌倉市に住んでいる近所のひとには、感激のロケーション。ラインナップ的には、長谷、由比ヶ浜、稲村ヶ崎、北鎌倉の明月院とか、たっぷり地元テイストが出てまいります。 ガイドブックのよう。 Pict0001_5 Pict0001_6 Pict0001_7 Pict0001_8 Pict0001_9 Pict0001_10

藤沢本町の駅前にある設定の谷中医院は、鎌倉駅近くにある「旧安保小児科医院」という大正13年築の保存会で、鎌倉市に保存されている医院をモデルにしました。ぜひ、撮影時は、スタッフさん、ここを見にきてね。  大船撮影所は、もう無いので、昔の松竹調べましたわ。 健君(ナースマン)の、親友は、売れない俳優の卵で、エキストラ寸前の、大根役者すれすれの、明日を夢見る剛くんという青年で、この子が、でぶっちょメタボリックの心優しい谷中先生とともに、失われた芥川さんの過去の夢をかなえてあげるために、ナースマンの健くんとともに、奔走します。 これも、今時のニートみたいな若者の目的をなくしかけている人と、かつて夢にあふれていたお年寄りとの心の交流の中で、何か大きな人生の大事なものを見つける…というちょっぴし、社会問題も織り込まれたお話になっています。 高齢化社会だしね。第一話の「最後の決断」は、ちょっと涙…の悲しい系の話を描いたため、ドラマになったら、第三話と、第四話は、明るい感じのちょっとおもしろい人情モノの医療ドラマをつくってみました。これで…第四話まで、ドラマできましたーーー!Pict0001_11 Pict0001_12 Pict0001_13 Pict0001_14 Pict0001_15 Pict0001_16 Pict0001_17 Pict0001_18

鎌倉の風景をたくさん織り込んだら、とってもいい感じのドラマになると思うのですが!これって、絶対ドラマ化されるといいな…と思いつつ、がんばって書きました。そうそう!この本、実は、「ちい散歩」の御本発売記念に、新宿のデパート(高島屋の本屋さん)のサイン会に行ったときに、一緒に写真とってもらって、俳優の地井武男さんに、プレゼントしました!「桜の花の咲く頃」のわたしの描いた本を! Pict0001_19 これこれ。 わたしが、あやしい感じで、カバンの中に手をのばして、取り出そうとしている、白っぽい袋!「桜の花の咲く頃」の本なんですよー! 最初、芥川さんの役、絶対地井さん!…と思って、読んでいただきたくて。 でも、地井さんて、ひよっとして、まだお若いですよね??? 芥川さんて、完全おじいちゃんなので、「悪かったかなぁ…」と。 「芥川さん役に、ぜひ出てください」と本と一緒にカードつけて、あげちゃいました! ドラマでは、ほんとは、もっと、ヨボヨボじーちゃんじゃないと、ダメかな?地井さん…わたしのブログ見ていたら、「ふむふむ」と笑ってくださいね。 わたしが、俳優さんを自分の小説のドラマ化で、勧誘? したのって、結構あります。 来週連載の第三話の「赤い靴の約束」 では、主人公の「たのうえ先生」役、ぜひ堺雅人さん…と思って、狙っています。 これは、来週、連載するので、お楽しみにーーーーーーー!!

★救命なひとびと あらかると★

このコーナーは、自由コーナーです。来週から、今日スタートのドラマ東芝日曜劇場の連載の★今週の大沢くん★…はじめます。大沢たかおくん…できれば、ドクターヘリ乗ってください!   いきなり、しょっぱなから、すごい勧誘ですが。 大沢くんとの出会いは、ドラマの大昔日本テレビ放映の「星の金貨」です。「続星の金貨」も見ました。最後、刺されて亡くなりましたよねー。泣きました。このまえ「コードブルー」でギバちゃん(柳葉敏郎)が、労災で、手がとれちゃったので、40代くらいで、腕のたつ、外科医、外科医…と考えたら、ああ!大沢くんをドクターヘリに乗っけたい、カッコいいだろうなぁ?厳しくて、甘い、きびあま先生…。と思いました。カッコいいアラフォー俳優を見つけると、ついつい白衣を着せたり、ドクターヘリに乗っけてみたくなるマニアックなわたし。大沢くんて、外科医っぽいよね。目かな?眼差しかな?大沢くんて、目が、すーっとして。鼻も、すーっ、口もすーっ。なんか、仏様っぽい顔なのです。仏師が、彫刻刀で、ひと彫りひと彫り丹念に彫り上げた仏像顔なのです。ちょっぴり、手を合わせて祈ってみたくなります。 なんか、ぜったい大沢くん、とこかのお寺に座っているよね。なんとか菩薩とかなんとか如来っていう名前で…。さがせば居そう大沢如来。大沢くんの話は、また来週。 ところで、堺雅人さんが、風邪薬のコマーシャル出ていて、可愛い。たぶん、エスエス製薬のエスタックイヴだったっけかな?あのコマーシャル好きです。医療関係に、もっともっと首つっこんでほしい雅人さん。とっても可愛いです。 あと、藍沢先生(山下智久くん)秋に、ソロで曲を出すので、楽しみにしています。 新星堂会員のわたし。すごいポイントカードも溜まっているので、CD買っちゃおう!山下くんの曲も、買ったらブログで紹介しましょう。25歳くらいで、ソロで出たら、ちょうどいいですね。なんかジャニーズのソロ歌手って、マッチと田原俊彦…の時代しか知りませんが、もうそんなに歌ってないしね。 西城秀樹って、35周年とか越えて、40周年めざして歩いているらしいですし、♪愛のメモリーの松崎しげるとか、♪また会う日までの尾崎きよひこ…?とか古い人って、たった一曲のヒット曲で、たった一曲で一曲で一曲で…(何度もいっている)一生ヒット続いて、お年寄りになっても、コンサートとかディナーショーやっている。すごい尊敬する。たった一曲の大ヒットとかで…(まだいってます)ソロで出たら、絶対やらねばならぬのが、一曲をカーン!とホームラン飛ばすこと。一生歌い続けられます。生涯現役歌手ですよ。がんばって、山下くんには、ヒット曲歌ってもらいたいですね。一曲出して、しょぼかったら、二曲、三曲、四曲、と売れる曲でるまで、ソロで辛抱強く活動していくのが、ポイント。絶対、あきらめて、NEWSに帰って、トボトボト…「売れなかったよ。やはり、グループで、がんばる」と錦戸くんとかに、なぐさめられては、絶対ダメ。もう帰る故郷は、無いぐらいの覚悟で、ソロで大ヒット飛ばすまで、頑張って欲しい。まるで、「サライ」の歌のよう…(笑)なんかコンサートもするみたいなので、DVD化よろしくお願いします。氷川きよしくんは、ファンがご高齢で、会場にいけなくて、コンサートを病院のベッドで、DVD見るの楽しみにしているお年寄りファンばかりなので、コンサートほとんど全部DVD化なので、山下くんのファンて、まさか年寄りで、ベッドで寝たきりで、コンサート見た三日後に他界…とかいうご高齢者居ないと思うけれど、そんな貴方のために、ぜひコンサートのパンフレットとかDVDって、後売りしてほしいですよね。氷川くんの世界みたいに。25歳でソロ活動すると、50歳で「25周年」ですよね。50歳まで歌っててください。山下くん。わたしも、生きてたら、ディナーショー、ちょっくら行ってみたいと思います。松崎ファンのように(笑)Pict0001_20 Pict0001_21 救命なひとびとの今後の活躍見逃せません。 来週から、大沢くんです!今夜、みなさんも、大沢くんのドラマ見ましょう。大沢くんのカッコいい医者姿を! それでは、また明日!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こものたち…スゥイーツ編

Pict0001 Pict0001_2 Pict0001_3 Pict0001_4 Pict0001_5 Pict0001_6 Pict0001_7 ケーキの連続写真です。これは、本物ケーキでは、ありません。実は、全部、アクセサリー入れと、手鏡です。なんでこんなに、集めちゃったのでしょう?…お店のディスプレイに弱いわたし。お店って、雑貨をかためて、「ケーキ屋」みたいにして、並べて売ってますよねー。あれ、可愛い!最初、一個だけ、ショートケーキを買ってみた。お家で飾ったら、一個並べだと、淋しすぎて、可愛さ半減。ちょっとずつ買いあつめて、並べたら、お店屋さんの、可愛い雰囲気再現しました。…おいしそうでしょう? 甘いものモチーフの雑貨って大好き。パフェももっています。招き猫と並べています。でも、撮影時、二個あった招き猫(神田明神でゲット)いま、一個しかありません。撮影後、一匹、箪笥の隙間に落っことして、もう引っ越さない限り取れない救出不能の重い箪笥の裏に落ちた。(さよーならー。そういえば、CDとかも良く落とすんだよねー。)  雑貨の多いわたしは、よくお掃除しています。ホコリがたかると、喉を悪くするから。    他にも、おもしろいものがありました。Pict0001_8 Pict0001_9 Pict0001_10 義経電車と、扇子セット。2005に、江ノ電で、販売していました。この年、義経イヤーだったらしくて、江ノ電に、義経のイラストが描いてあって、ふつうに、藤沢~鎌倉間を走っていました。「かわいいよね。プラモであったら、ほしいよね」と友達と言っていたら、ちゃっかし、「江ノ電おみあげ屋」に売ってました。ハトサブレとかとともに。ついでに、扇子までも、同じ柄で、二種類あって、江ノ電プラモと一緒にゲット。…わたしは、プラモとかパズルとか苦手なので、作った状態で売っているものしか買いません。自分で、組み立てるのは、ぜんぜん無理。   でも、ヘリコプターって、形状がすきなので、二個もっています。メーカーとかは、わかりません。すごく小さくて、手のひらに乗る…。可愛すぎるヘリ。 ほんとは、いつものごとく、「ドクターヘリほしいよね」…って思ったのですが、無かった。…これ、なんのヘリコプターなのか、わかりません。防災ヘリか? でも、かわいい。手のひらサイズ。このシリーズって、本屋さんに売っていて、車とかもたくさんあったみたい。…でも、車は興味なくて、ヘリコプター好きなんだよねー。わたし。 形状が! えらく高所恐怖症で、ジェットコースターも乗れないわたし。 向ヶ丘遊園地が、廃園になったとき、最後に、ちょっとこわめのアトラクションに乗ったところ、こわくて、泣き叫んでしまい、一緒の友達と、近くに居た幼稚園児に、爆笑されました…。 すごいショボイマシーンだったというのに! 高いところダメなんだよね。劇場とかでも、三階のてっぺんの席で、段になっていたりすると、怖くて落ち着けない。 転がり落ちいてる自分を想像してしまい、目が回る。   さて、三連休、プラスワンで、四日お休みのため、再び、九月にやったように、四日間ブログ連続更新します! あしたは、「救命なひとびと」のスペシャルで、桜の花の咲く頃の「第二話」の鎌倉特集くみます。 さいきん、出かけてなくて、お部屋掃除で、おもしろいものを発見して、ブログのせ…の日々かもしれません。  ああ! 雑貨屋やりたい。一人っ子なのでね。妹とかいたら、ぜひ巻き込みたいところなのですが。 雑貨(かわいいもの)大好き。 資金とかないから、自分で買って、喜んでいる毎日です。 ほんとは、アンアンとかに載っている「シンプルな部屋」ものを増やさないスタイリッシュな部屋とかにして、観葉植物と、藤の椅子だけとか置いて、リゾートホテル(南の島の)みたいに、「なにも持たない暮らし」…って感じで、フローリングの床に、ただレースの白いカーテンが揺れて、音楽だけが、インテリア…みたいな、おしゃれな大人っぽい暮らしをしたかったわたし。 でも、現実は、ヘリコプターだとか、扇子だとか、ケーキだとか、わけわからんことに、なっています!(笑)  「おまえんちは、テーマパークなのかっ?」って感じなんだけど。   こんな甘いもんじゃない。まだまだあるよ~。随時、おもしろいもの撮影して、プログでご紹介しましょう。 では…またあした!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

救命なひとひど12

Pict0001_12 ★救命なひとびと その後…★

先週、夏ドラマが終わって、「救命病棟24時」の連載おわりました。次は、「東芝日曜劇場」でいこうとおもいまーす。 タイトル変えなくて済んじゃいましたっ。江戸時代の救命なので。

きのう、小児心筋疾患の学会のお手伝いに、旗の台にいきました。心臓移植の赤ちゃんの救命できなかった反省点とかを聞いてきました。…ほとんど一日薬屋さんのおじさんと、受付していたので、終わりだけ聞きました。 品川区なのに、なぜか本院、蚊が多く、受付していた薬屋さん、三人とも、スーツのズボンの上から、太ももを刺されて「かゆい、かゆい」と大変でした! ばちっ!とやっても、飛んでいってしまった。ドトールの紅茶とビスケット買いに行ってたから、わたしは、刺されませんでした…。 話かわって、その後のみなさんに、メッセージ。Pict0001 まず…江口さん、また五年以内に「救命病棟24時」やるかもしれないので、それまで楽しみにしています。 わたしは、江口ファンというよりも、進藤専属なので、進藤先生が登場すると、思い出したかのように、江口洋介さんを見にもどってくる…感じなので、進藤専のわたし、つぎのシリーズも、よろしくおねがいしまーす! Pict0001_2 Pict0001_3 Pict0001_4   つぎに、堺雅人さん。 映画「クライマーズ ハイ」で、日航機墜落事故を追う、熱血新聞記者で、見にゆき、次に、速水救命センター長で、「ジェネラルルージュの凱旋」の映画で、ドクターヘリ導入に燃える、チュッパチャプス好きのキュートな医者役が、可愛く、そのあと、おまけつきで、「東芝日曜劇場」の「官僚たちの夏」で、庭野さん…という若き官僚の役で、これも、すごくよかったので、立て続けに、楽しませてくれる堺雅人さんでした! しょぼしょぼした、まぶしそうな目と、おちょぼ口で、いつも酸っぱいものを食べてしまったような感じの、うめぼし笑いで、優しそうな堺さん…。ぜひわたしの書いた「桜の花の咲く頃」ドラマ化したら、出て欲しいですっ。これからも、うめぼしな感じで、がんばってくださーいっ! Pict0001_5  つぎに、藍沢先生(山下智久くん) 今秋、ついにソロでの活動開始しました。ソロCD ソロコンサートに続き、やがてソロアルバム、ソロ写真集、ソロカレンダー発売…とか、ソロ街道ばく進するかもしれません。 福山くんみたいに、シンガーソングライターになれば、きっとそのうち、あのドラマ(コードブルー)も、一人で背負って立ってくれるだろう…。なにしろ、藍沢先生は、孤高の人だったから。孤独で、自分と闘いながら、輝くタイプなのかもしれません。 福山くんが、出てきたところで、坂本竜馬つながりで、「東芝日曜劇場」の新ドラマ、坂本龍馬役は、「風林火山」で、山本勘助をやっていた内野さん! たのしみー!あの、「風林火山」の内野さんの、泥だらけの「どろだんご」のような、ぶこつさと、純粋な心の感じが、良くて、「姫さま…!」という、ぼろ雑巾のような着物を着つつ、美しいものに強く憧れる清らかさ…。すごくよかったので、今度の龍馬も、期待できます。大沢たかおとともに、すごく楽しみです。  新連載もタイトルは、そのまま「救命なひとびと」…そして★今週の江口さん★から★今週の大沢くん★に変わるだけなので、ほとんど変化なしかも…。 では、この先もお楽しみにー。

★桜の花の咲く頃★Pict0001_6 Pict0001_7 Pict0001_8 Pict0001_9 Pict0001_10 わたしの書いた小説「桜の花の咲く頃」は、正式タイトルは、たぶん、まだ、インターネットひらくと、インターネット書店で、売っていると思うのですが、この前「セブンアンドワイ」とか開いたらあって、アマゾンとかも、載っていたかな?あと、ホリエモンのライブドアブックスとかでも、数ヶ月前見たので、インターネット書店って、日本にいくつくらいあるかわかりませんが、~メディカル青春グラフィテイ~桜の花の咲く頃というタイトルで、ピンクの桜の表紙が、ポンと出てくると、わたしなので、よかったら、かってくださーい。在庫は、まだあるとおもいます。無かったら、わたしが持っているのもあります(笑)2007年の11月頃発売で、書店に並びましたが、今はインターネットだけ。本屋に注文すれば、あるかも???売れないと在庫あまりになるから、300冊しか初版ないので、希少。じつは、この本、小説として売れることが、目的じゃなくて、医療ドラマ好きのわたしなので、ドラマ化目的で書いた脚本の原作本なのだ! わたしの夢は、自分の書いた小説のドラマ化なので、本は、売れなくても、これが、ドラマになってくれて、そのDVDボックスが売れまくってほしい------!!が、夢なのですよねー。そこで、出版社が、発売前に営業用でくれた30冊を芸能関係に送ってみました。演出家とかプロデューサー(ドラマの)とか知らないから、出て欲しいかも…っていう俳優さんとかに、事務所とかわかるひとだけ送ってみました。その人が、本好きで、芝居好きで、ドラマとか映画製作なんかに興味あって、監督とかに「これ、おもしろいですよ、ドラマ化しましょうよ」と勧めてくれないかな?と思いつつ。広告チラシとかも、地道に発送。 二年たっても、着火しませんが、どこからか、ブレイクしてくれるのを、ひたすら待っています。でも、送った俳優さんとか、忘れちゃったんですよ。何しろ、必死だったので。おぼえているのは、堺雅人さんと、次回連載の、大沢たかおくんだけ。…あと、誰に本送ったか忘れました。本好き俳優さんには送った気がします(笑)あっ!地井武男さんには、直接お逢いする機会あったから、直手渡ししました!(笑)

「桜の花の咲く頃」 第一話 「最後の決断」 この物語は、横浜の大病院の玄関に、覆面パトカーが乗り付けるところから物語がスタートします。 逮捕されるのは、消化器内科医長の、有田博之先生です…。人の良さそうな、とてもいい先生です。安楽死の罪です。 その先生を追いかけ、パトカーの窓を叩く一人の若い医師がいます。 柿坂純先生 消化器内科の、有田医師の下で、彼を尊敬しながら働いていた青年医師です。 全部語ると、つまらなくなるため、冒頭シーンのみ。 サスペンスとは違います。 この物語のテーマは文字通りの、「最後の決断」 愛する人の死をどういう形で見つめていくのか?というかなり長編。

「桜の花の咲く頃」は、全5話でなりたっています。第一話は、柿坂先生とともに、もう一人の主人公がいます。 滝沢先生という人です。 彼は、研修医時代に、大切な親友を末期癌で亡くすという大きなトラウマをかかえています。この滝沢先生と、柿坂先生の友情を縦軸にして、横軸には、家族愛とか、愛する人との別れとか安楽死とか、終末医療とか、いろんな問題が、てんこ盛りに書かれています。 …これって、なにしろドラマ用に書いたので、脚本家しなければ、ドラマに起こせないのですが…、全5話あって、けっこう長いから、ひとつの話を前編、後編で、第一話、第二話のドラマ脚本作れば、ドラマが10話まで作れるので、だいたい三ヶ月ドラマって、全11話くらいなので、わたしの「桜の花の咲く頃」ワンクールで、ドラマ化が夢なのですよねー。フジテレビかなぁ?どこでもいいですが。 いつも外科と救命救急ばっかりなので、そろそろネタも尽きたかもしれないので、わたしの医療ドラマ「桜の花の咲く頃」は、舞台が「内科」(地味ですよねーーー。切り口があたらしいですよねーーー。)なので、いいかもしれないです。 ぜひ、どっかに本あるので、読んでくださいね!と思いました。そして脚本家さん、よろしくお願いします。 来週は、「第二話」の桜の花の咲く頃の本内容を連載しますので、そっちも、お楽しみにー。Pict0001_11 本の定価は1050円です。

ドラマ化して、DVDボックス化したら、ほんとに楽しいのですが。わたしの夢…悲願ですねー! 「救命なひとびと」まだまだ続きます。みてくださいねっ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

センター南 夏景色

Pict0001_11 Pict0001_10 Pict0001_9 Pict0001_8 Pict0001_7 Pict0001_6 Pict0001 Pict0001_2 Pict0001_3 Pict0001_4 Pict0001_5 だだだっと連続写真…ここは、どこかというと、市営地下鉄横浜線の「センター南」駅周辺の道です。わたしのお勤め先は、この駅の近くの病院なので、歩きがてら、夏景色から秋景色に移り変わる瞬間をとらえようと、九月下旬から「ゆく夏」を激写しています。どんどん景色が変わります。ここって、いわゆる「港北ニュータウン」で、オシャレな街横浜の、郊外編って感じなので、自然ゆたか。…っていうか、病院の裏、ほとんど山ですから!(笑)でも、都筑郵便局、区役所、警察署、病院、港北東急(デパート)、うちの病院(一応大学病院です)もあって、小さな街になっていて、コンパクトにまとまっています。あと、教会があります!

Pict0001_12 Pict0001_13 教会は、また秋に正面からとってみます。今回、空がきれいだったので、空をメインにうつして見ました。 いつも、土曜日に更新しているのですが、明日は、学会のお手伝いで、旗の台の本院に、夜まで缶詰なので。。。。。ああ。。。。旗の台遠い…。自由が丘に下車して遊びたい。雑貨屋さんいきたい!でも、我慢。。。。。。。。。日曜日は、「救命病棟24時」終わっちゃったのにも、かかわらず「救命なひとびと」の連載延々つづきます。てはじめに、わたしの小説の「桜の花の咲く頃」の営業(?)をしつつ、10月からは、大沢たかおくんと、内野さんの「江戸時代の救命」のドラマがTBSでスタートするので、今度、それ行ってみちゃおうかな?…と思いました。日曜連載も、ずっと続くので、また明日(…じゃなかった、明日は、学会だよっ!)

またあさって、お楽しみに!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »