« 救命なひとびと 2 | トップページ | 救命なひとびと 3 »

あーと散歩 広尾編

Pict0001 Pict0001_2 Pict0001_5 美術館をめぐってきました。今回は、美術館ではなくて、広尾にあるギャラリーのようなお店のご紹介です!以前にも、谷根千で、チラリと紹介しましたが、日比谷線広尾駅下車2番出口から二分くらいのところに「それいゆ」というお店があって、中原淳一さん…という画家のグッズがたくさん飾ってあるお店の外も中もとっても可愛い感じのメルヘンチックなアート空間があるんです!今回、お店のお姉さんたちに、写真を撮らせていただき、お店の中もちらりとお知らせできました。   大正,昭和初期に活躍の画家さんて、大好きなんですよね。クラシカルで、なおかつキュート。たぶん…オンタイムで雑誌を愛読していた人たちは、現在ほぼ70代…。そういう年齢層のひとたちの青春を飾った愛らしい絵たち…。秋になったら、枯葉のレターセットで、お手紙なぞ書き倒すぞっ!と意気込む可愛さ…。今の若者たちって、パソコンや携帯とかあるし、メールの普及から、お手紙なんてほぼ書かないですよね。最近スタイルとしては、思いをこめて手紙をしたためて、ポストに投函…という文化がなかなかありません。…でも、この時代って、お手紙が主流だったので、便箋とか葉書とか、めちゃめちゃ可愛いのですよね。…愛がこもっています。きっとテレビも見ないで、みんな読書とかしたり、喫茶店で、コーヒーとか飲みながら音楽を古い蓄音機で聴いちゃったり、豊かに静かに暮らしていたのかもしれません。…ロマンだわ…。時代背景までも感じさせられる可愛さなのです。ぜひ、夢見る少女になって、ふらり…と行ってみてください。  次回も、アートシリーズで、あちこちお散歩してきたところを載せたいとおもいます。 散歩のつづきで、「ニューオータニ美術館」をご紹介する予定です!…お楽しみにっ。Pict0001_4 Pict0001_3

|

« 救命なひとびと 2 | トップページ | 救命なひとびと 3 »

コメント

絵一枚から、時代を考えたり、創られた背景を考えたり、アーティストの気持ちを想像したりいろいろな発見があるものですね。
日頃の喧噪を忘れさせてくれるようなほのぼのとした日記ありがとう。これからも楽しみにしています。

投稿: Aki | 2009年8月 3日 (月) 20時09分

こんにちは。
この前はどうもね。
広尾のお店は喫茶店のような可愛らしいお店だったね。
絵も懐かしい感じで。

最近は携帯やパソコンが普及してるから改めて手紙を書く事もなくなったからね。
たまには手紙を書くのもいいよね〜。

投稿: かなっぺ | 2009年8月 4日 (火) 10時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あーと散歩 広尾編:

« 救命なひとびと 2 | トップページ | 救命なひとびと 3 »